今年、日本就航60周年!エールフランスの美学

エアライン・空港の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

今年、日本就航60周年!エールフランスの美学

掲載日:2012/11/25 テーマ:エアライン・空港 ライター:寺田直子

タグ: すごい! 一度は見たい 憧れ



ABガイド:寺田直子

【エアライン・空港のABガイド】 寺田直子
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。訪れた国は80ヶ国ほど。ホテル、エアライン、リゾートなどの旬な旅情報を雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿。ラジオ出演、講演なども行う。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。

東京〜パリの初フライトは、全34席がファーストクラス。「国際空路の女王」と呼ばれた機体が優雅 東京〜パリの初フライトは、全34席がファーストクラス。「国際空路の女王」と呼ばれた機体が優雅

日本とフランスを結ぶ、空の翼として60年間、活躍

1952年、11月26日、エールフランス機が日本に就航。日本とフランスを結んだ。当時の機体はロッキード・コンステレーションL749A。パリからは4つの都市を経由して50時間のフライト。まさに、隔世の感がある。今年、2012年はその記念すべき60周年を祝うアニバーサリーイヤー。現在は、新世代機種エアバスA380およびボーイングB777-300ERなどによる12時間のフライトを成田から3便、羽田からは1便、関空からも1便の計5便をデイリーで運航している、ヨーロッパとを結ぶ欠かせない足になっている。

 

すっかりお馴染みになってきたエアバスA380の二階建てのボディ。搭乗する際は1階と2階に分かれたボーディングブリッジを利用するのも特徴的。 すっかりお馴染みになってきたエアバスA380の二階建てのボディ。搭乗する際は1階と2階に分かれたボーディングブリッジを利用するのも特徴的。

総座席数516の「動くホテル」、エアバスA380でパリへ!

日本とパリを結ぶエアバスA380は、世界最大の総2階建ての飛行機。2010年に日本線に導入されて以来、その快適性、革新性が話題を呼んでいる。特徴的なのは、徹底したエコ機である点。CO2排出量は大型機の中でも突出して低く、騒音レベルも従来のおよそ半分。機内も、時間と共に照明が変わり、時差ボケの解消をうながす工夫が。ビジネスクラス、ファーストクラス専用スペースにはバーコーナーや、世界の美術館やアート関連施設との協賛によるアートスペースも。フランス仕込みの洗練さと美的センスある空間が、さすがだ。

 

日本発着便も含めた長距離用ターミナル内、「サテライト4」に誕生。周辺にはラデュレや、ブランドブティックが並び、年末にはオルセーやルーブルの美術作品を展示するギャラリーもオープン予定だ。 日本発着便も含めた長距離用ターミナル内、「サテライト4」に誕生。周辺にはラデュレや、ブランドブティックが並び、年末にはオルセーやルーブルの美術作品を展示するギャラリーもオープン予定だ。

シャルル・ド・ゴール空港に新しいラウンジが登場!

今年、エールフランスの拠点となるシャルル・ド・ゴール空港サテライト4のMに新しいラウンジが誕生した。広さは3000平米、620席のシートを用意するほか、朝食や軽食、フランスの高級ブランド、クラランスのケアが20分無料で受けられるサービスや、機内エンターテイメントがコンテンツとして入っている誰でも利用できるi-padが20台。空間やインテリアは、用途や目的に応じたスペースに分かれ、なかには寝転がれるカウチもあるなど、うっかり、寝過ごしそうなほど快適なラウンジとなっているのが特徴だ。

 

フランスを代表するミシュランの星を獲得した5人の名シェフが機内食を監修。 フランスを代表するミシュランの星を獲得した5人の名シェフが機内食を監修。

ロブションなどミシュランスター・シェフが機内食を監修

美食の国フランスならではのこだわりは、機内食にもあらわれている。パリ発の長距離国際線では、ビジネスクラスとファーストクラスのメニューを、ジョエル・ロブション、ギィ・マルタンなど日本でも人気の5人のシェフが監修。また、パリ発のプレミアムエコノミーでは、12〜28ユーロの追加料金だけで搭乗24時間前に予約をすれば本格的なフランス料理から、季節の野菜を使用したオーガニック、野菜とシーフードを組み合わせた料理など5種類のメニューを事前に好みで選ぶことができるサービスをスタート。エコノミーでもシャンパンを楽しめるなど、機内食のクオリティ、楽しみもエールフランスの真骨頂だといえる。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/11/25)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
エアライン・空港の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事