ホレおばさんの古里を訪れてみよう

観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ホレおばさんの古里を訪れてみよう

掲載日:2013/04/22 テーマ:観光地・名所 ライター:Kei Okishima

タグ: おもしろい 一度は見たい 一度は行きたい



ABガイド:Kei Okishima

【ドイツのABガイド】 Kei Okishima
全ガイドを見る
ライター。早稲田大学第一文学部卒業。ドイツには高校時代に国際ロータリークラブ青少年交換留学でバイエルン州に一年間、大学時代に交換留学でベルリン自由大学、フンボルト大学に一年間留学する。その後ドルトムント大学にてジャーナリズム学科を専攻。現在はフリーライターとしてヨーロッパを中心に活躍中。

祭があると必ずホレおばさんが現れる 祭があると必ずホレおばさんが現れる

ドイツ人の誰もが知っているホレおばさん

ドイツでは、雪が降ると「ホレおばさんが布団を振っている!」と言う。ドイツの雪はまるで羽根のようにフワフワと空を舞い、なかなか地上におりてこない。中世の昔からドイツの掛け布団には羽毛が使われていた。羽根布団は、少し振って空気を入れると驚くほど膨らむ。主婦たちは毎朝、窓から掛け布団を振っていた。昔は縫製が雑だったので縫い目から羽毛が飛び出て宙を舞った。それはまるで雪が舞っているかのよう…。ドイツの言い伝えで羽根布団を振っているホレおばさんとは一体誰?それは異界に住む女の人で、グリム童話にも登場してくる。魔法を使うわけではないが良い子には御褒美を、悪い子には罰を与える。

 

町の外にはマイスナー山地が続いている 町の外にはマイスナー山地が続いている

『菩提樹』の町はホレおばさんの里だった

ここはドイツ中部の町、バート・ゾーデン・アレンドルフ。ドイツ・メルヘン街道の中間にあり、古い木組みの家並が美しい。メルヘン街道の町ということもあり、多くの観光客が訪れる。ヴェーザー川に流れ入るヴェラ側の両岸にそれぞれ開けていた2つの町、バード・ゾーデンとアレンドルフが合併して1つの町になった。アレンドルフはシューベルトの『菩提樹』が詩作された町として知られているが、バード・ゾーデンは『ホレおばさん』の里で知られている。継母にいじめられた娘が井戸に落ちて気を失い、目を覚ますとそこはホレおばさんの国だった。娘はホレおばさんの家で真面目に働いたので御褒美に黄金を与えられる……という話だ。

 

池のほとりにホレ小母さんの像が立っている 池のほとりにホレ小母さんの像が立っている

山の中にひっそりと小さな池がある

出処の判らないのがグリム童話だが、この話はグリム兄弟が編纂した『ドイツ伝説集』にも載っており、そこには近郊のマイスナー山地に伝わる話であると記されている。バート・ゾーデンから車で10分ほどのマイスナー山地にはホレおばさんが住んでいると伝えられる池がある。グリムの伝説集には、この池の周りには妖怪や幽霊がおびただしく住んでいる、と書かれている。今では観光客も訪れるようになり、妖霊が出そうな雰囲気はなくなった。池には近年、ドイツ人彫刻家による比較的若いホレおばさんの像が置かれた。これはグリム童話の“ホレ婆さん”ではなく、伝説集の“ホレ小母さん”をイメージしているとのことだ。

 

可愛らしい木組みの家が公園を取り巻いている 可愛らしい木組みの家が公園を取り巻いている

町の人も観光客も憩う保養公園

バート・ゾーデンではおよそ1000年の長きに渡って塩が精製されていた。製塩所は1906年に操業停止され、工場の跡地は緑の保養公園になった。公園の周りに建つ小さな木組みの家は、ほとんどがプチホテルや長期滞在用ペンションだ。これらはかつて製塩所で働いていた人たちの住居だった。市門の脇にはこぢんまりとした塩博物館がある。塩泉から塩水を汲み出し、水分を蒸発させて塩にするまでの過程などが詳しく解説されている。現在も細々と塩は作られており、町では小さな袋に入った食卓塩が2€で売られている。それは本当に美味しい。グリム童話が誕生して200年になる。ホレおばさんの古里を訪ねてグリムの童話や伝説集に思いを馳せてみよう。

 

保養公園付近の家並み 保養公園付近の家並み

関連情報

塩博物館
Das Salzmuseum
住所:Im Södertor
開館:水、土、日、祭日の14:00〜17:00
   ( 10月1日から3月31日までは水曜閉館 )
料金:大人1€、16歳以下 0.50€

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/04/22)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
観光地・名所の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事