サービスを刷新!JAL「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」でロンドン、NYへ!

エアライン・空港の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

サービスを刷新!JAL「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」でロンドン、NYへ!

掲載日:2013/05/26 テーマ:エアライン・空港 ライター:寺田直子

タグ: すごい! 素晴らしい 憧れ



ABガイド:寺田直子

【エアライン・空港のABガイド】 寺田直子
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。訪れた国は80ヶ国ほど。ホテル、エアライン、リゾートなどの旬な旅情報を雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿。ラジオ出演、講演なども行う。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。

最新設備を搭載した777-300ER 最新設備を搭載した777-300ER

成田〜ロンドン、成田〜ニューヨーク線で運航中

JALは777-300ER機材を使った今までにない革新的なシート、サービスを実現した。それが、「SKY SUITE 777」。現在、成田〜ロンドン、成田〜ニューヨーク線で運航。新機材はファースト8席、ビジネス49席、プレミアムエコノミー40席、エコノミー135席の232席という仕様。ビジネス、ファーストクラスはもちろん、エコノミー、プレミアムエコノミーにも快適性とユースフルさを限りなく追及。あらためて飛行機に乗るという楽しさ、高揚感を旅する者に感じさせてくれる。

 

まさにファーストクラスを思わせる空間 まさにファーストクラスを思わせる空間

驚きの個室空間のビジネスクラス「SKY SUITE」

「ファーストクラスを作る気持ちで作った」というのが新しいビジネスクラス。足元まで十分に広いベッドと、個室に近いプライバシー感を備えたファーストクラス並みの居住性だ。さらに、どのシートからも隣をまたぐことなく通路に出られるデザイン。2-3-2の配列でフルフラット時は最長約188cm。エンターテイメント用のモニターは23インチ。このモニターのタッチパネルを使って機内食のアラカルト「Anytime You Wishサービス」や、機内販売のオーダーも可能。ベッドにはアスリート御用達のエアウィーヴS-LINEの特別仕様のマットレスとピロー。寝心地にもこだわりを見せている。

 

ワンランク上のフライト、海外旅行を満喫するのにお薦めのプレミアムエコノミー ワンランク上のフライト、海外旅行を満喫するのにお薦めのプレミアムエコノミー

よりワイドな空間を確保したプレミアムエコノミ―「SKY PLEMIUM(スカイプレミアム)」

長距離のフライトで最近、好評なのがエコノミーとビジネスクラスの中間のプレミアムエコノミー。「JAL SKY SUITE 777」ではさらに前との幅を約10cm広げ、座席のスライドも従来よりも約7cmワイドに。テーブルはA4サイズのPC、ドリンクカップなどが置ける広さ。フットレスト、ペットボトル&カップホルダーも備え、12時間前後のロンドン、ニューヨークまでのフライトをゆったり過ごす工夫が施されている。※一部の座席は仕様が異なる場合あり。

 

座れば実感の足元の広さが快適! 座れば実感の足元の広さが快適!

足元が最大10cm拡大!新エコノミー「SKY WIDER(スカイワイダー)」

実際、座ってみるとわかるのが足元の広さ。フライト中の快適さを革新的なデザインで表現したのが新エコノミークラスの「SKY WIDER」。シート配置は3-3-3。前の座席との空間を7cm広げ、さらにシートのスリム化がされ、足元スペースが最大10cm拡大。横幅も1.7cmワイドになっているので、これならば大柄の人や男性でもくつろげるだろう。シートもすわり心地のいい素材を採用。JALのこだわりが随所にこめられている。

 

AIRシリーズ第8弾は「AIR モスバーガー テリヤキたまご」(2013年5月末まで) AIRシリーズ第8弾は「AIR モスバーガー テリヤキたまご」(2013年5月末まで)

食べる楽しみ満載!オリジナルメニューも登場の機内食

長いフライトでの楽しみが機内食。そこにもJALはこだわった。エコノミー、プレミアムエコノミーでは「JALキッチンギャラリー」と名付け、日本各地の郷土の味を創作アレンジ。吉野家、たいめけん、モスバーガーといった日本で広く愛されている各ブランドとコラボした「Airシリーズ」を提供。ビジネス、ファーストクラスでは「空の上のレストラン」をコンセプトに「スカイオーベルジュBEDD」と名付けたスターシェフたちによる最高の食材と自由な発想のスペシャリテを提供、空の上での極上ダイニング体験が堪能できる。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/05/26)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
エアライン・空港の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事