これからベストシーズンの春夏にチャーター増便!ニュージーランド航空で行く感動の南半球

エアライン・空港の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

これからベストシーズンの春夏にチャーター増便!ニュージーランド航空で行く感動の南半球

掲載日:2013/10/29 テーマ:エアライン・空港 ライター:寺田直子

タグ: すごい! キレイ 素晴らしい



ABガイド:寺田直子

【エアライン・空港のABガイド】 寺田直子
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。訪れた国は80ヶ国ほど。ホテル、エアライン、リゾートなどの旬な旅情報を雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿。ラジオ出演、講演なども行う。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。

こちらは定期便で使用される777-200ER。ロゴは先住民族マオリの象徴である「コルー」と呼ばれるシダをデザイン。 こちらは定期便で使用される777-200ER。ロゴは先住民族マオリの象徴である「コルー」と呼ばれるシダをデザイン。

2014年4月まで日本全国8都市から29本のチャーター便を増便!

日本のある北半球とは季節が逆の南半球は9〜2月が春・夏というベストシーズン!そんな南半球きっての雄大な大自然に囲まれた国といえばニュージーランド。そのニュージーランドと日本をつなぐのがニュージーランド航空。成田と関空からデイリー運航をしているが、うれしいことに2013年12月から2014年3月の夏季スケジュールには日本全国8都市(仙台、静岡、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、沖縄)から直行チャーター便29本を増便就航することに!特に29便のうち15便が関空からと関西からの観光に大いにアピール。これに伴い多彩なツアーも増えるはずだから期待したい。

 

日本からの路線の座席は一部を除き3-3-3。「ツインシート」を購入すれば二人だけに。あるいは2席購入すれば自分だけの空間を確保できる。 日本からの路線の座席は一部を除き3-3-3。「ツインシート」を購入すれば二人だけに。あるいは2席購入すれば自分だけの空間を確保できる。

カップルやワンランク上の快適フライトに「ツインシート」を活用せよ!

日本からニュージーランド(オークランド)までの所要時間は約11時間。ロングフライトでより快適にくつろいでもらいたいというサービスがニュージーランド航空ならではの「ツインシート」だ。エコノミークラスを対象に当日、空席があるフライトに限り有料で隣のシートをブロックしてくれるサービスで、これによって3人がけの座席を2人で独占することが可能になる。気になる料金も良心的で、成田・関空発の場合は6000円、ニュージーランド発の場合はNZD$99。受付は出発当日の搭乗手続きカウンターでのみ行われるので、二人だけの時間を満喫したいハネムーナーや、ゆったりフライトを楽しみたい場合にぜひ、利用してほしい。

 

筆者もこのヘリンボーンスタイルが一番、落ち着くのでお気に入り。 筆者もこのヘリンボーンスタイルが一番、落ち着くのでお気に入り。

約2mのベッドで快眠!極上のビジネス・プレミア

ニュージーランド航空では777-200ERに搭載されるビジネスクラスを「ビジネス・プレミア」と呼ぶ。前列1〜7列目の計26席がそれで、1-2-1のヘリンボーン式と呼ばれる斜めに配列したスタイル。これによって他の乗客の視線をあまり気にすることがなくよりプライベートな空間となっている。シートは足元のオットマンを使うことでフルフラットになり、長さは約2m。就寝時にはCAがベッドパッドを敷き、大型のコットンまくらと肌かけを用意してくれる。オットマンは食事中、同行者の椅子として体面で食事をすることもできるのでカップルにはうれしいところだ。

 

ジョン・ベルシャムなど国際的な著名な醸造家、ワインコンサルタントなどが厳選したNZワインを揃えている。 ジョン・ベルシャムなど国際的な著名な醸造家、ワインコンサルタントなどが厳選したNZワインを揃えている。

エイビーロード「エアラインランキング」でも人気の機内食とNZ産ワインを!

エイビーロードの「エアラインランキング」でも「機内食が美味しい!」と以前から人気の高いニュージーランド航空。農業王国であるニュージーランドの食材とテイストを活かした機内食が登場する。あわせて楽しみたいのがニュージーランド産ワイン。冷涼な環境のもと優れたワイン産地でもあるニュージーランドの厳選されたワインを堪能したい。ビジネス・プレミアの場合は英国で活躍したニュージーランド出身のカリスマシェフ、ピーター・ゴードン氏の監修によるさらにこだわりぬいたモダンニュージーランド料理を味わうことができる。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/10/29)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
エアライン・空港の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事