このレストランは不可欠!HERMANDAD DE PESCADORES JATETXEA

グルメの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

このレストランは不可欠!HERMANDAD DE PESCADORES JATETXEA

掲載日:2013/12/11 テーマ:グルメ ライター:田中富子

タグ: おいしい グルメ レストラン



ABガイド:田中富子

【スペインのABガイド】 田中富子
全ガイドを見る
スペイン・セビリア在住。2000年にたまたま訪れたセビリアに、2001年より在住。2006年5月、個人事業主のビザを取得。現在は、食品輸出入仲介業を中心に、フラメンコ留学と語学留学コーディネーター、通訳、翻訳業等、スペインと日本を橋渡しする日々。情熱がモットー。

SOPA DE PESCADO(魚のスープ)2人前(1人前8ユーロ)。抜群の味である。 SOPA DE PESCADO(魚のスープ)2人前(1人前8ユーロ)。抜群の味である。

訪問必須レストラン!

フランスとの国境にある町フエンラビーア(バスク語オンダリビア)に行かなくてはならないレストランが存在する。その名もLA HERMANDAD DE PESCADORES JATETXEA(エルマンダー・デ・ペスカド―レス・ハテチェア/レストラン漁師組合)。 1361年に建築されたその平屋の建物は、当時漁師の網や道具が納められていたそうだ。城壁外の建物では一番古いと言われている。現在でも漁業組合の建物であるが、その一部がレストランになっているというわけだ。

 

店内の素朴さはそれなりに落ち着く。 店内の素朴さはそれなりに落ち着く。

漁師の町が誇るレストラン

驚くことにこのレストランはビーチの砂を使って作られたそうで、当時はこの建物の入り口前は海だったという。1947年に現在のようなレストランに内部を改装された。ここを知らないフエンラビーア人はいないと言われる程有名なレストランである。中に入るとシンプルで心地よい雰囲気に包まれる。やはりここの名物料理の1つはなんといってもMERLUZA(メルルーサ/タラの一種)料理であろう。特にバスク料理のKOKOTXAS(ココチャス/メルルーサの顎の下の部分)は人気があるようだ。

 

CHIPIRON TROCEADO EN SU TINTA(チピロン・トロセアード・エン・ス・ティンタ/刻んだホタルイカの墨煮)18ユーロ。これも柔らかく煮込んであるイカは日本人好みの味でお勧め。 CHIPIRON TROCEADO EN SU TINTA(チピロン・トロセアード・エン・ス・ティンタ/刻んだホタルイカの墨煮)18ユーロ。これも柔らかく煮込んであるイカは日本人好みの味でお勧め。

お勧めは?

その他にも、カンタブリア海のBONITO(ボニート/ビン長マグロ)オリーブオイル漬け、手作り塩漬けアンチョビもしくはオリーブオイル漬けアンチョビ、TXANGURRO(蟹)やタコ、アサリ等、新鮮な海の幸をたっぷりと使った料理はもちろん、BUEY(ブエイ/去勢した牛)やサーロイン等の肉料理までふんだんにバスク料理が楽しめる。しかしながら、日本人的にここで絶対にはずせないのはSOPA DE PESCADO(ソパ・デ・ペスカード/魚のスープ)であろう。

 

PANTXINETA AL HORNO(パンチネタ・アル・オルノ/カスタードクリーム入りパイケーキ)6ユーロはバスク典型スイーツ。残念ながらこのスイーツはある時とない時がある。 PANTXINETA AL HORNO(パンチネタ・アル・オルノ/カスタードクリーム入りパイケーキ)6ユーロはバスク典型スイーツ。残念ながらこのスイーツはある時とない時がある。

デザートまでバスク料理がたっぷり楽しめる

ソパ・デ・ペスカードはメルルーサの骨を煮込んだスープである。スペイン内にはこの魚のスープをメニューに持つレストランは多い。ただこのレストランのこのスープは、そのまろやかさと繊細さが秀逸の一品である。テクスチャーも素晴らしい。このスープを口に入れると、至福の時が広がる。2人前頼んだ場合は大きなボールにてサーブされるのでお楽しみに。また、デザートも必須であるが、やはりバスクデザートを注文すべきであろう。バスク州は食の宝庫だ。食後の運動も忘れずに〜

 

パイを崩すと、中からまったりとしたカスタードクリームが!付け合せのアイスと一緒に食べると最高。 パイを崩すと、中からまったりとしたカスタードクリームが!付け合せのアイスと一緒に食べると最高。

関連情報

■LA HERMANDAD DE PESCADORES JATETXEA(エルマンダス・デ・ペスカド―レス・ハテチェア)
住所:Zuloaga, 12, FUENTERRABIA/HONDARRIBIA
電話:943 64 27 38
時間:13:00 - 15:15, 20:00 - 22:45
閉店日:日曜夜と月曜、11月から2月の間に15日間の休みを取るが日程は年によって変動

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/12/11)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
グルメの記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事