バラの街にそびえる荘厳な城塞

城・宮殿の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

バラの街にそびえる荘厳な城塞

掲載日:2014/04/26 テーマ:城・宮殿 ライター:ロッテンマイヤー

タグ: ロマン 一度は行きたい 建築



ABガイド:ロッテンマイヤー

【スイスのABガイド】 ロッテンマイヤー
全ガイドを見る
2007年よりチューリッヒ在住。ヨーロッパの地の利を活かして旅行三昧。大好きな家族と愛犬が恋しい時もあるけれど、人生一度きり!モットーは「何事も勉強&経験、後悔はやってみてから」パートナーや気の置ける友人達に支えられ、山あり谷ありなスイス生活エンジョイ中!

街を見下ろす高台に位置する城塞は数々の歴史を経て、現在はラッパーズヴィール市のシンボルとして市民から愛されています。 街を見下ろす高台に位置する城塞は数々の歴史を経て、現在はラッパーズヴィール市のシンボルとして市民から愛されています。

ラッパーズヴィール城の今と昔

チューリヒ湖の東に位置する町、ラッパーズヴィールは、チューリヒ市内からも気軽に訪れることの出来るスポット。電車、船、車いずれの交通手段でも街に入る手前から目に飛び込んでくるのがラッパーズヴィール城。この城塞は13世紀に貴族であったラッパーズヴィーラー家により建設されました。当時この地はチューリヒからその修道院で有名なアインジーデルンまでの巡礼の要所として大きな役目を果たしていました。一時期はハプスブルグ家の管轄となっていた城が当時のラッパーズヴィールに委譲されて以降、戦争や火災等を経て何度かの改築を重ねた後現在の威風堂々とした城塞になりました。

 

教会後ろの大きなパイプオルガンも見所! 教会後ろの大きなパイプオルガンも見所!

存在感のある教区教会も見逃せない!

城塞横にはローマカトリック教会の聖ヨハンがその圧倒的な存在感を放っています。一度の火災と数回の改築を繰り返した後、1885年10月6日に献堂され、一時はラッパーズヴィール城の城主であった彼らも莫大な遺産と共にこの教会に埋葬されていました。わたしが訪れたのは週末の、まだ人も少ない午前中の時間帯。その見事なゴシック様式で統一された教会内に一歩足を踏み入れると、そこは今までとは違った空気が流れ、まるで時が止まったように感じられる神聖な場所。

 

例えばこちらの城塞内の中庭では、披露宴前に仲間内で乾杯をし合いながら談話を楽しんだり。それぞれの用途により利用可能なので、ご興味があれば相談してみる価値はありますよ。 例えばこちらの城塞内の中庭では、披露宴前に仲間内で乾杯をし合いながら談話を楽しんだり。それぞれの用途により利用可能なので、ご興味があれば相談してみる価値はありますよ。

イベント会場にもなる城塞

歴史的に非常に価値のあるラッパーズヴィール城は、現在市民の人々が気軽に利用できる場にもなっています。城内には居心地の良い高級レストランがあり、素晴らしい環境の中シェフご自慢の手のこんだ料理が頂けます。また食事だけでなく、結婚式やその後の披露宴、また会社のイベントなど多種多様に利用可能なスポットでもあります。実際、わたしもこちらで行われたウェディングパーティに出席しましたが、城下を見下ろす景色や「騎士の間」で頂いたディナーはとても思い出に残るものとなりましたよ。皆さんも、「スイスの古城でウェディング」なんてのはいかがでしょう。

 

城塞から臨む風景は360℃さえぎるもののない大パノラマ。天気のいい日は、遠くはアルプスの山々からチューリヒ湖をの向かい側であるチューリヒの街も見渡せます。 城塞から臨む風景は360℃さえぎるもののない大パノラマ。天気のいい日は、遠くはアルプスの山々からチューリヒ湖をの向かい側であるチューリヒの街も見渡せます。

薔薇の街を見下ろす絶景

1913年、ラッパーズヴィール市は都市計画の一環として城内に薔薇の庭園を造りました。そしてこれが現在この街が「薔薇の街」と呼ばれる所以。それ以降、数・種類共に増えた薔薇たちは6月から10月のスイス自体が最も輝く季節になると、約15000本以上もの花を咲かせ街により華やかな活気を与えてくれます。ちなみにスイスにはその州毎に旗があり、その地に因んだものが模様としてその柄になっているのですがもちろんここラッパーズヴィール市の旗には薔薇の絵が描かれています。

 

関連情報

■Schloss Rapperswil(ラッパーズヴィール城)
住所:Lindenhuegel 8640 Rapperswil
電話+41 55 210 18 28
アクセス:電車 Rapperswil駅下車徒歩約5分 HP:http://www.schlossrapperswil.com (独) 

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/04/26)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
城・宮殿の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事