ガルーダ・インドネシア航空 成田〜デンパサール(バリ島)線でB777-300ER型機を運航!

エアライン・空港の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ガルーダ・インドネシア航空 成田〜デンパサール(バリ島)線でB777-300ER型機を運航!

掲載日:2014/07/20 テーマ:エアライン・空港 ライター:寺田直子

タグ: セレブ 素晴らしい 憧れ



ABガイド:寺田直子

【エアライン・空港のABガイド】 寺田直子
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。訪れた国は80ヶ国ほど。ホテル、エアライン、リゾートなどの旬な旅情報を雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿。ラジオ出演、講演なども行う。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。

専属シェフ同乗で上質の味を空の上で堪能。ナイトフライトなのでフルフラットのシートも快適。 専属シェフ同乗で上質の味を空の上で堪能。ナイトフライトなのでフルフラットのシートも快適。

2014年8月4日、運航!バリ島路線についにファーストクラスが登場

ガルーダ・インドネシア航空会社は、2014年8月4日(月)より「東京(成田)-デンパサール(バリ島)線」をB777-300ER型機にて運航することを発表した。座席数は全314席で、うちファーストクラス8席、ビジネスクラス38席、エコノミークラスが268席の3クラス制。これにより成田〜ジャカルタ線に次いで、成田〜デンパサール間にもファーストクラスがお目見えすることに。サービスコンセプトも一新してより快適さを追求しているのでハネムーナーなどワンランク上の体験を望む場合、期待できそうだ。

 

リピーターに人気なのが伝統的なインドネシア料理。しっかりスパイシーな本格的な味に。 リピーターに人気なのが伝統的なインドネシア料理。しっかりスパイシーな本格的な味に。

空の上の極上の空間、ファーストクラスの贅沢なサービス

前方8席あるファーストクラスは座席幅56cm、シートピッチ(座席間隔)は余裕の208cm。就寝時には完全に180度になるマットレス付のフルフラットベットシートに変わる。また、専属シェフが機内に同乗し、インドネシア料理や懐石、洋食アラカルトなどを味わうことができる。さらに出発前と到着後のコンシェルジュサービスや、空港〜ホテル間のリムジンサービスまでも付くと言うから驚く。フライト中だけでなくその前後でもファーストクラスのもてなしが期待できるというわけだ。

 

ビジネスクラスはどのシートも通路に面したスタッガードスタイルを採用。もちろんこちらもフルフラットに。 ビジネスクラスはどのシートも通路に面したスタッガードスタイルを採用。もちろんこちらもフルフラットに。

スカイチームに加盟。ANAとのマイレージサービス提携も

ガルーダ・インドネシア航空は2014年3月5日、アライアンスのスカイチーム20番目の航空企業として正式に加盟した。これによってスカイチームの他エアラインとのマイレージサービスの共用、マイル加算が可能になった。さらに嬉しいのがANAとのマイレージサービスの提携。ガルーダ・インドネシア航空運航便および、ANAとのコードシェア便を利用した場合、クラスごとにマイルが積算される。B777-300ERでの成田〜デンパサール線に加えて、羽田発着2路線(ジャカルタ・デンパサール)と関西発着2路線(ジャカルタ・デンパサール)と選択肢が充実。インドネシアへの旅がより快適になった。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/07/20)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
エアライン・空港の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事