2014年7月、スターアライアンスに正式加盟のエア・インディア航空

エアライン・空港の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

2014年7月、スターアライアンスに正式加盟のエア・インディア航空

掲載日:2014/08/11 テーマ:エアライン・空港 ライター:寺田直子

タグ: 一度は行きたい 素晴らしい 憧れ



ABガイド:寺田直子

【エアライン・空港のABガイド】 寺田直子
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。訪れた国は80ヶ国ほど。ホテル、エアライン、リゾートなどの旬な旅情報を雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿。ラジオ出演、講演なども行う。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。

スターアライアンス加盟はインドでは初。さらにネットワークが拡大した スターアライアンス加盟はインドでは初。さらにネットワークが拡大した

日本からは成田&関空からデリー、ムンバイに就航中

「インドに行くと人生が変わる」。そう言われる混沌とマサラの香りが漂う魅惑のインド。最近は経済的にも発展し、IT産業の中心としてビジネスで通う人も多い。もちろん世界遺産のタージマハルなど歴史と文化の濃い観光スポットも数多い。そのインドを代表するエアラインがエア・インディアだ。インドを基点に世界に就航するエア インディアは日本からは成田国際空港をデイリーで直行便を、関西国際空港からは週3便でデリーのインディラ・ガンディー空港へ香港経由で運航する。また、2014年7月11日には、待望のスターアライアンスに正式加盟、新しい一歩を踏み出した。

 

出張やちょっと贅沢な旅行にはビジネスクラスを一度は試したい 出張やちょっと贅沢な旅行にはビジネスクラスを一度は試したい

最新機ドリームライナーで快適フライト

2013年に10月に関空線、同11月に成田線に導入されたのが最新機、ボーイングB787型機、通称ドリームライナー。機内にはビジネスクラス18席、エコノミークラス 238 席の計256席。従来の航空機に比べ、ゆったりしたレッグスペース、ウィンドシェードなしの広い窓、空気清浄、バッテリー充電ポイントなどを装備。また加湿機能により、ワンランク上の快適な空の旅を約束する。なお、関空からのルートは香港経由デリーで、その後、デリーでA321型機に乗り換えてムンバイまでつなぐフライトになっている。

 

これはB777-300ERに搭載されたファーストクラス。サリーを来たCAがおもてなし これはB777-300ERに搭載されたファーストクラス。サリーを来たCAがおもてなし

サリー姿のCAが出迎え、気分はマハラジャ?

デリーでは国際線が国内線ターミナルと直結するため乗り継ぎもスムーズ。ムンバイ、ハイデラバードなどインド国内の主要都市への便も充実。機内ではエキゾティックな民族衣装サリー姿のクルーがお出迎え。一歩機内に足を踏み入れた瞬間から、インド気分をたっぷりと満喫できるのが魅力だ。また、機内食にもインド料理が登場するなど個性的なサービスを行っている。筆者も個人的にエア・インディアの機内食のカレーは気に入っている。ベジタリアンとノンベジタリアンが選べ、個人的には野菜やチーズが入ったノンベジタリアンがお薦めだ。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/08/11)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
エアライン・空港の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事