躍進を続けるエティハド航空の勢いが止まらない!

エアライン・空港の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

躍進を続けるエティハド航空の勢いが止まらない!

掲載日:2014/08/12 テーマ:エアライン・空港 ライター:寺田直子

タグ: セレブ 素晴らしい 憧れ



ABガイド:寺田直子

【エアライン・空港のABガイド】 寺田直子
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。訪れた国は80ヶ国ほど。ホテル、エアライン、リゾートなどの旬な旅情報を雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿。ラジオ出演、講演なども行う。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。

「エティハド」とはアラビア語で「和合」。100機と101機の受領を今年行った 「エティハド」とはアラビア語で「和合」。100機と101機の受領を今年行った

成田と名古屋からアブダビへ就航

アラブ首長国連邦の国営エアライン、エティハド航空は2003 年 に運航を開始、2013年には1150万人の乗客を記録。今年、最速で100機目と101機目を受領し、商業航空業界史上、最も著しい成長を遂げたエアラインとして知られる。アブダビ国際空港をハブとして現在、中東、オーストラリア、ヨーロッパ、北米、アジアと103ヵ国に就航(貨物便就航都市を含む)。日本からは成田〜アブダビ間をデイリーで、また名古屋〜アブダビ間を北京経由で週5便運航。アブダビはもちろん、そこからヨーロッパ、アフリカ各都市などへの乗り継ぎ網は驚くほどに充実する。

 

これがA380に搭載されるザ・レジデンス。なんとバトラーサービス付きだ! これがA380に搭載されるザ・レジデンス。なんとバトラーサービス付きだ!

3つの部屋を持つ究極のキャビン、「ザ・レジデンス」のラグジュアリーさに驚愕!

エティハド航空はボーイング787ドリームライナー、総2階建ての世界最大旅客機A380などを含む210機以上を確定発注し、さらに路線網およびサービス向上を極めていく計画を進めている。その中で注目されるのが、今年10月と12月に受領予定の初のボーイング787-9型機とエアバスA380型機。両機にはエティハド航空の最先端の新キャビンを搭載。ファーストクラスのラグジュアリーさに定評のあるエティハド航空だが、なんとA380には「ザ・レジデンス」と名付けられたダブルベッドルームにリビング、さらにシャワールームを備えた3つの部屋がひとつになった究極のキャビンが登場!一生乗ることはないかもしれないが、話題性たっぷりだ。

 

「ビジネス・ステューディオ」は1-2-1の配置。もちろんフルフラットに 「ビジネス・ステューディオ」は1-2-1の配置。もちろんフルフラットに

A380型機のスペースを活かした最新クラスに期待

新しく導入されるA380型機にはザ・レジデンスに加えて「ファースト・アパートメント」と名付けられたファーストクラスが9席、「ビジネス・ステューディオ」と呼ぶビジネスクラスが70席。さらにファーストとビジネスの間には両クラス専用の「ザ・ロビー」と称したラウンジを用意。レザー張りのソファに大型TVを配し、ゲスト同士の社交の場として利用することが可能。エコノミークラスは「エコノミー・スマートシート」の名で417席。いずれも従来のクラスの上をいく空間とサービスを誇り、まさに次世代エアラインのモデルケースといったところだ。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/08/12)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
エアライン・空港の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事