話題のベトナム・リゾート、ダナンへベトナム航空が直行便を就航!

エアライン・空港の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

話題のベトナム・リゾート、ダナンへベトナム航空が直行便を就航!

掲載日:2015/01/19 テーマ:エアライン・空港 ライター:寺田直子

タグ: すごい! 一度は行きたい 素晴らしい



ABガイド:寺田直子

【エアライン・空港のABガイド】 寺田直子
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。訪れた国は80ヶ国ほど。ホテル、エアライン、リゾートなどの旬な旅情報を雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿。ラジオ出演、講演なども行う。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。

機材はA321を使用。エコノミーとビジネスの2クラス制 機材はA321を使用。エコノミーとビジネスの2クラス制

話題のリゾートエリア、ダナンへ週4便でGO!

人気の観光国として定着してきたベトナム。ホーチミン、ハノイなど都市観光がメインのようでもあるが、実はビーチリゾートとしても最近、めきめきと実力を高めている。なかでも中部ベトナムの都市ダナン周辺には美しい海岸線が続き、リゾートが続々と誕生している。そのダナンにベトナム航空が2014年7月から成田からの直行便を就航!運航は水・木・土・日の週4便。所要時間は約5〜5時間半。プーケットやバリ島などのリゾートよりも短時間で到着できるため、短い滞在も有効に時間を活用できるメリットは大きいといえる。

 

エコノミークラスのシート。たっぷりのブランケットに感動!笑 エコノミークラスのシート。たっぷりのブランケットに感動!笑

アオザイ姿のクルーたちのもてなしが◎

成田〜ダナン線のフライトはエコノミーが3-3の配列。機種によっては個人エンターテイメントシステムがないこともある。近年、薄すぎるほどのブランケットしか配られないこともあるところ、大判のフリースのようなブランケットがありがたい。ビジネスクラスは16席あり、2-2の配置。フルフラットではないが約5時間のデイフライトなので問題ないが機材の最新化には今後期待したいところだ。クルーのサービスはてきぱきと素早く好感度。女性クルーの清楚なアオザイ姿もベトナム航空ならではの演出で見とれてしまう麗しさだ。

 

復路で味わったメインの魚料理。ボリュームもある 復路で味わったメインの魚料理。ボリュームもある

温かいパンにスパークリングワインも!機内食のおいしさに感動!

機内食のクオリティもベトナム航空はなかなかだ。日本から積み込む往路はもちろん、帰りのベトナムからの復路の機内食もおいしい。メインに日本人クルーおススメの白身魚をチョイスしたのだが、味付けはかなりいい。さらにパンも温めて出てくることに感動。そして一般的な量よりもボリュームがあるのがうれしい。エコノミーでもビール、ワイン赤・白に加えてスパークリングワインを頼むことができるのもちょこっと贅沢気分にひたれる。ドリンクを飲んで機内食を味わっていればあっという間に到着だ。

 

こちらはダナンから1時間ほどにあるラグーナ・ランコ―・リゾート こちらはダナンから1時間ほどにあるラグーナ・ランコ―・リゾート

年末年始にまだ予約可能なリゾートも

アジアンリゾートとして急成長中のベトナム・ダナン。空港から1時間程度の海岸線に高級リゾートが点在する。ほかのアジアのビーチリゾート地よりもまだまだ素朴さが残るのも魅力的だ。近隣には世界遺産の都市ホイアン、フエなどがあるのでカルチャー体験も楽しい。また、現地の物価も安く、リゾートも高級感のわりに料金がまだ手頃な部分もある。滞在日数の短い日本人にはハードルが高い年末年始の最低宿泊の条件もゆるいというからありがたい。直行便が登場で今がダナンの行きどきだといえる。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/01/19)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
エアライン・空港の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事