贅沢な気分に浸れるロマンティックホテル“星の王子さま”

憧れホテルの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

贅沢な気分に浸れるロマンティックホテル“星の王子さま”

掲載日:2015/03/23 テーマ:憧れホテル ライター:沖島博美

タグ: かわいい デザイナーズホテル ファンタジー メルヘン 一度は行きたい 素晴らしい



ABガイド:沖島博美

【ドイツのABガイド】 沖島博美
全ガイドを見る
東京在住。 旅行作家。ドイツの民俗、歴史、文化などを取材し、書籍や雑誌で紹介し続けている。主な著書に『グリム童話で旅するドイツ・メルヘン街道』(ダイアモンド社)、『北ドイツ=海の街の物語』(東京書籍)、『ベルリン/ドレスデン』(日経BP),『ドイツ〜チェコ古城街道』(新潮社)、『ドイツ・クリスマスマーケット案内』(河出書房新社)など他多数。日本旅行作家協会会員。

2つの建物から成るデァ・クライネ・プリンツ 2つの建物から成るデァ・クライネ・プリンツ

垢抜けた街並みが目立つバーデン・バーデン

 サン=テグジュペリの小説『星の王子さま』の原題はLe Petit Prince(小さな王子さま)。ドイツ語に訳すと“Der Kleine Prinzデァ・クライネ・プリンツ” となる。これと同じ名前のホテルがドイツ西南部にある。ここはシュヴァルツヴァルト(黒い森)北端の町、ドイツ随一の高級保養地として知られるバーデン・バーデンだ。古代ローマ時代から温泉が湧き出ており、中世からヨーロッパ有数の温泉地として知られるようになった。19世紀になるとカジノなど保養施設が完備する。ヨーロッパ各地から王侯貴族や著名人がこの町を訪れるようになり、高級温泉地として発展した。そんな栄華を偲ばせるように、町の中には19世紀末に建てられた瀟洒な館が軒を連ねている。

 

『星の王子さま』の絵が掛けられた客室 『星の王子さま』の絵が掛けられた客室

『星の王子さま』の絵が客室や廊下に飾られている

 デァ・クライネ・プリンツも1890年に建てられた洒落た館だ。1986年にエドゥアルド・ラーデマッハーがこの館を購入してホテルを開業した。彼はヨーロッパのみならずアメリカの一流ホテルで修業を積んだホテルマンだった。“デァ・クライネ・プリンツ”という名はラーデマッハー夫人が名付ける。サン=テグジュペリの自筆とされる『星の王子さま』の挿絵が大好きなラーデマッハー夫人は『星の王子さま』の水彩画を集めていた。ホテルが完成するとコレクションの一部をデァ・クライネ・プリンツのいくつかの客室に飾った。ヨーロッパでは誰もが一度は読んだことのある『星の王子さま』。このロマンティックなホテルはドイツで瞬く間に知れ渡り、人気ホテルとなった。

 

ワードローブとお揃いのベッドに花柄のベッドカバーが映える ワードローブとお揃いのベッドに花柄のベッドカバーが映える

愛らしい客室が私たちを別世界へ誘う

  客室数は40。同じインテリアの部屋はひとつもない。広さも形も異なっている。最上階の部屋は屋根の勾配をうまく活かした窓があって面白い。五角形の張り出しがついた角部屋では張り出し部分に小さなテーブルが置かれ、いい雰囲気だ。『星の王子さま』の絵が飾られた部屋はどこも思い切りメルヘンティック。ベッドを3つ、あるいは4つ置ける広い部屋や隣の部屋と繋げて使用できる部屋もあるので家族で泊ることができる。家具やインテリアはどの部屋も洗練されたものばかり。特別な思い出を作りたいカップルにはもちろんのこと、女性の2人旅にも好まれるロマンティックなホテルだ。

 

レストランの壁にも『星の王子さま』の絵が レストランの壁にも『星の王子さま』の絵が

ホテルのレストランはグルメレストランとして定評がある

 1階のレストランと2階のラウンジは客室のメルヘン的雰囲気とは異なって高級ムードが漂う。2階にはライブラリーもあり、冬は暖炉の炎が心まで温めてくれる。レストランが謳っているのは自慢のバーデン風フランス料理。単品で頼むのもよいが、思い切ってフルコースを。デァ・クライネ・プリンツ・アレンジメントDer Kleine Prinz Arrangementという4コースのディナー付き宿泊料金も用意されており、部屋のカテゴリーに合わせてシェフが腕をふるう。そして全ての宿泊客が利用できる嬉しいサービスは午後のハイ・ティー。ロビー、あるいはラウンジで飲み物とケーキ、スコーンなどを自由に楽しむことができる。高級保養地バーデン・バーデンならではの贅沢な時間がゆっくり流れていく。

 

2階のラウンジにではパソコンを使うこともできる 2階のラウンジにではパソコンを使うこともできる

 データ

デァ・クライネ・プリンツ 
Der Kleine Prinz
住所:Lichtentaler Strasse 36、76530 Baden-Baden
電話:+49 (0)7221 346600
E-Mail: info@derkleineprinz.de   www.derkleineprinz.de
宿泊料(朝食こみ):シングル 160ユーロ〜( 夕食付き 215ユーロ〜 )
         :ダブル  180ユーロ〜( 夕食付き 330ユーロ〜 )
レストラン:
前菜 16〜20ユーロ、スープ9〜11ユーロ
肉料理 27〜36ユーロ、デザート 13〜15ユーロ
ハイ・ティーの時間:14:00〜17:00

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/03/23)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事