美女の谷で美味ワインを満喫しよう!

観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

美女の谷で美味ワインを満喫しよう!

掲載日:2015/07/08 テーマ:観光地・名所 ライター:Hiromi

タグ: ワイン 一度は行きたい 街歩き 地酒



ABガイド:Hiromi

【ハンガリーのABガイド】 Hiromi
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。1995年に初めてハンガリーを旅して以来、この国の魅力に取りつかれる。ハンガリー友好協会にて岩崎悦子氏にハンガリー語を学ぶ。1999年よりほぼ毎年ハンガリーを訪れて取材を続け、雑誌やガイドブックなどに紹介している。著書に『ハンガリー』(日経BP)がある。ハンガリー友好協会会員。

どこの蔵も入り口の前にテラス席を設けている どこの蔵も入り口の前にテラス席を設けている

美女の谷だけのためにエゲルに来る観光客

今ではすっかり有名になったエゲルの美女の谷であるが、1999年に初めて訪れた時はまだそれほど知られていなかった。美女の谷の存在を知って、そこには小さなワインセラーが並んでいると聞いた時、なにやら綺麗なお姉さんが蔵の前に立っていて怪しげな雰囲気なのかな、と思ったものだ。ところが行ってみると、どこの蔵でも農家のおばさんが前掛け姿で忙しそうに働いている。安心したが、ガッカリもした。地元の人がペットボトルを持参してリットル単位で買って行く。そんな素朴な場所だった。そして時は流れ、美女の谷は有名に。ブダペストから日帰りでここを訪れる外国人観光客が増えた。エゲルの町には寄らず、美女の谷だけに来る人もいる。その多くが大のワイン好き。エゲルのワインをたっぷり味わうために、ここ美女の谷へやってくるのだ。

 

ワインの樽は古い木樽もあれば新しいステンレスの樽(右側)もある ワインの樽は古い木樽もあれば新しいステンレスの樽(右側)もある

誰も知らないその由来

何故、美女の谷、と呼ばれているのか。その由来を知る者はいない。どこの蔵で聞いても「昔からそう呼ばれているんだ」とか「単なる地名だよ」と答えるばかり。それにしても”美女の谷“とはいい名前だ。谷といっても少し土地が低くなっている程度。その低い場所で、後ろの斜面に穴を掘ったワインセラーが48軒。馬蹄型に並んでいる。ワイン蔵の間口は一律同じ幅のようで、どこも狭い。ところが中は意外と面積があって、奥へ奥へと長く続き、そこにワイン樽がずらりと並んでいる。以前訪れた時は観光客相手の場所ではなかったが、今ではどこも入口の前にテラス席を設け、試飲させたり軽食を出したりしている。団体客を迎えるためか、細長い蔵の中にテーブルを並べている所も多い。

 

花も飾ってある小洒落た感じのワイン蔵 花も飾ってある小洒落た感じのワイン蔵

上手なワイン蔵利用法

すっかり観光地になって垢抜けしてきたが、相変わらず美女はいない。むしろマッチョなおじさんたちが客を相手にしている。試飲は無料のところと有料のところがある。有料といっても1杯100円もしないので、ここはむしろ有料を探す方がいい。無料だと買わねばならぬ雰囲気になるからだ。ここでワインを買うなら、思い切り上等のワインに限る。日本へ輸出されているようなカテゴリーは1本400〜500円程だが、重い思いをして持ってくる価値はない。1本3000円程度のワインなら高級で非常においしい。一番良いのはその蔵で最高のワインをペットボトルで買って旅行の間に飲んでしまうこと。同じワインでもボトルよりはるかに安くて味は同じ。ワインの生産地へ来た甲斐がある、と実感するであろう。

 

涼しい木陰でバーベキューを楽しんでいるグループ 涼しい木陰でバーベキューを楽しんでいるグループ

食材持参で調理、ワインは周りの蔵から

ワイン蔵で馬蹄型に囲まれた広場には木立があり、そこでバーベキューが出来るようになっている。美味しいワインを蔵で買って、ここで食事をしようというわけだ。丁度焼き上がったところに出くわせば、必ず「食べて行けよ!」と誘われる。ハンガリーの人たちはみんな気さくでそんな風だ。ところでエゲルの旧市街を見ずに帰る人がいるようだが、それは余りにも勿体ない。きちんと観光するには宿泊せねばならないが、せめて旧市街中心部のドボー広場へでも行ってみよう。広場の北端はキシュ・ドボー・テール(小さなドボー広場)と呼ばれて雰囲気の良いレストランが並んでいる。早めの夕食をここで済ませてブダペストへ帰るのもお薦めだ。美女の谷から旧市街へは夏場なら30分間隔でミニトレイン型のバスが出ている。

 

旧市街とビジョン谷を結ぶミニバス 旧市街とビジョン谷を結ぶミニバス

関連情報

鉄道のエゲル駅から美女の谷間までタクシーで10〜15分ほど
◆ミニバス
旧市街中心部と美女の谷の間は4月から10月の間ミニトレイン型のバスが出ている。2種類のバスが10時から18時の間に1時間ごとに出発。
バスは30分それぞれ時間をずらせているので、利用者は30分置きにどちらかのバスを利用することができる。所要時間は5〜10分ほど。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/07/08)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
観光地・名所の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事