アメリカン航空が成田〜シカゴ線にボーイング787型機を導入!

エアライン・空港の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

アメリカン航空が成田〜シカゴ線にボーイング787型機を導入!

掲載日:2016/01/10 テーマ:エアライン・空港 ライター:寺田直子

タグ: すごい! 素晴らしい 憧れ



ABガイド:寺田直子

【エアライン・空港のABガイド】 寺田直子
全ガイドを見る
東京在住。トラベルジャーナリスト。訪れた国は80ヶ国ほど。ホテル、エアライン、リゾートなどの旬な旅情報を雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿。ラジオ出演、講演なども行う。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。

導入されたB787型機、ドリームライナー 導入されたB787型機、ドリームライナー

週5便をデイリー化!ますます快適なアクセスに

成田〜シカゴを結ぶアメリカン航空が2015年8月19日から、新ビジネスクラスを搭載したボーイング787-8型機(通称ドリームライナー)をシカゴ線に導入。B787-8型機の導入は北米や北京、上海といった中国路線などに続き世界で5番目、アジアでは3番目の登場。これにあわせ運航スケジュールも週5便だったところをデイリーに変更。より、スムースに日本とアメリカを結ぶほか、乗り継ぎにより北米および中南米へのアクセスを快適にする。

 

メインキャビン(エコノミークラス)のエンターテイメントシステム メインキャビン(エコノミークラス)のエンターテイメントシステム

ロングフライトもあっという間、最新機内エンタメシステムが充実

787ドリームライナーには全クラスに機内Wi-Fiが備わるほか、最新の機内エンターテイメントシステムを導入。映画ならなんと260本、テレビ番組は230本、音楽チャンネルは310本と圧倒的な内容とバリエーションに。さらに20種類のゲームも。ビジネスユーザーには全席にAC電源ポートとUSBポートがあるので空の上での書類チェックもばっちり。ドリンク片手に最新映画を鑑賞していたらシカゴまでのロングフライトも時間が足りない!と思うかもしれない。

 

全席通路に直接アクセスできる新ビジネスクラスのシート 全席通路に直接アクセスできる新ビジネスクラスのシート

従来よりも約2倍の平面空間のビジネスクラスが快適!

787ドリームライナーの真骨頂は何といってもビジネスクラスだ。新ビジネスクラスは全席通路にアクセス可能で、全長198cmのフルフラットシートを搭載。リクライニング機能はもちろん、無重力セッティングと名付けられた「Z」型にシートをすることで長時間のフライトでも体に負担が少なくなるような工夫が。さらに座席のテーブルを含め、従来の約2倍の平面スペースを確保。より機能的な空間で仕事でもリラックスタイムでもよりくつろげる。また、バーコーナーではドリンクや軽食類が好きな時間に楽しめる。

 

憧れのビジネスクラスで北米&南米へ! 憧れのビジネスクラスで北米&南米へ!

日本航空との共同運航でネットワークも充実

アメリカン航空は現在、42機のB787型機を発注。今後も徐々に新しく、かつ快適なフライト空間を実現する計画だ。日本〜北米間はシカゴに加えてロサンゼルス、ダラスへ週28便を運航。さらに日本航空との共同運航を行い、機内食の開発や日本語CAの採用、教育プログラムなどでより、日本人乗客のためのサービスを充実させる予定になっている。ワンワールドのアライアンスに加盟するアメリカン航空のマイレージプログラムAAdvantageは、アメリカン航空と日本航空の両フライトでマイルが貯まるため、日本人にも利用価値は高い。マイルが貯めやすい、使いやすさが評価され、旅行産業の栄誉ある賞のひとつフレディアワードを4年連続で受賞している。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/01/10)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
エアライン・空港の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事