仏像だらけの摩訶不思議な空間モンユワ郊外を巡ろう

観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

仏像だらけの摩訶不思議な空間モンユワ郊外を巡ろう

掲載日:2015/12/20 テーマ:観光地・名所 ライター:伊藤あつし

タグ: すごい! 一度は行きたい 寺院 素晴らしい



ABガイド:伊藤あつし

【観光地・名所のABガイド】 伊藤あつし
全ガイドを見る
福島県出身。2011年より自転車で世界一周中。各地で訪れた雄大な絶景スポットや、自転車に乗る傍らで楽しんでいるトレッキングを始めとしたアクティビティ情報を中心に、素敵な情報をお届けします。

急坂の小高い丘の上に建てられた仏像は、世界を見渡して平和を守るという意味が込められているのだそうです。 急坂の小高い丘の上に建てられた仏像は、世界を見渡して平和を守るという意味が込められているのだそうです。

世界最大の人型建造物はミャンマーにあり

ミャンマーと言えば敬虔な仏教徒を擁しどこへ行っても黄金のパゴダと僧徒を見かけますがマンダレーからザガイン管区のモンユワへと向かう道すがらには一際ユニークな仏像があります。遠く20km離れた場所からも視認出来る巨大な立像レーチョン・サチャー・ムニの大きさは129m。世界一の大きさを誇る人型建造物はミャンマーの片田舎に突如として現れるのです。足元には111メートルの涅槃仏のシュエターリャウンが優雅さに横たわっていて、さらに新しい巨大仏像も目下建設中でスケール感の狂う巨大仏像群は一見の価値ありです。

 

涅槃仏のシュエターリャウンの胎内も開放されていて、こちらも仏教に関わる展示がされています。 涅槃仏のシュエターリャウンの胎内も開放されていて、こちらも仏教に関わる展示がされています。

巨大な仏像の胎内に潜入

足元まで来て見上げると顔が見えないほどに巨大なレーチョン・サチャー・ムニの胎内は見学することが出来、中にも仏像が収められ、仏教に関わる教えが展示されています。33階建ての内部は背中にあたる部分にエレベーターも備えられていて27階の展望台からモンユワ郊外を一望出来ます。ただし境内は神聖な場所のため土足はもちろん、靴下も脱がなければならず、よく晴れた日の午後に行くと足裏が火傷するほど地面が熱くなっているので立ち寄る時間帯を考慮することをおすすめします。

 

大きな尖塔の周囲を囲む小さな尖塔の数は864本。何もかもが規格外の数で訪れる者を圧倒します。 大きな尖塔の周囲を囲む小さな尖塔の数は864本。何もかもが規格外の数で訪れる者を圧倒します。

もう一つの見逃せない仏教建築タウンボッデー寺院

6kmほど離れた場所にあるタウンボッデー寺院は針山のような無数の尖塔が突き出て、ピンクやオレンジの色使いが印象的なこれまた唯一無二の建築物です。あっちが大きさならば、こちらは数で勝負だと言わんばかりにそれぞれの尖塔には大小様々な大きさの仏像が収められていてその数はなんと58万体以上。1939年に作り始めて約20年かかって完成したそうです。とぼけた顔の仏像や優しく微笑む仏像など様々な表情の仏像がいるので目を凝らしてお気に入りの仏像を探すのも良いかもしれません。

 

胡文虎像。有り難みを感じるかどうかは“?”ですが、仏教徒の信仰心の篤さを知るには良い場所であること間違いなし。 胡文虎像。有り難みを感じるかどうかは“?”ですが、仏教徒の信仰心の篤さを知るには良い場所であること間違いなし。

敬虔な仏教徒によって建てられているミャンマーの仏教施設

ミャンマーの仏教施設は基本的に仏教徒からの寄進で建てられています。決して豊かとは言えないミャンマーで、徳を積むために大切な私財を投じることが出来るところからもこの国の信仰心の篤さが伺い知れます。タウンボッデーの敷地には虎が門を守る一風変わった寺院がありますが、これはアジア圏で有名な軟膏薬タイガーバームで財をなした香港の胡文虎によって作られたもので入口に立つ彫像は本人なのだそう。背広を着ながらもきちんと裸足になっている姿は少々の怪しさも感じますが、このように世界中から寄進が寄せられているのです。

 

モンユワはミャンマー独特の化粧品タナカの名産地でもあり、周辺のおみやげ屋で買うことが出来ます。モンユワはミャンマーでも指折りの暑さなので日焼け止めに試してみてはいかがでしょう? モンユワはミャンマー独特の化粧品タナカの名産地でもあり、周辺のおみやげ屋で買うことが出来ます。モンユワはミャンマーでも指折りの暑さなので日焼け止めに試してみてはいかがでしょう?

関連情報

◆周遊方法
これらの建物を周るためには一旦モンユワの街へ行き、そこでタクシーをチャーターするか、料金はかさみますがマンダレーから直接向かう方法もあります。
モンユワ郊外観光をツアーに取り入れている旅行会社はこちら。
・SEVEN DIAMOND TRAVEL(www.sevendiamondtravels.com)

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/12/20)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
観光地・名所の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事