バガンの仏塔群を空から見下ろす気球遊覧

観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

バガンの仏塔群を空から見下ろす気球遊覧

掲載日:2016/05/12 テーマ:観光地・名所 ライター:田島みえ

タグ: ハラハラドキドキ ロマン 一度は見たい 絶景 美しい



ABガイド:田島みえ

【ミャンマーのABガイド】 田島みえ
全ガイドを見る
ミャンマー(ヤンゴン)在住。フリーライター&フリーアナウンサー。民放勤務を経て、夫の赴任に伴ってタイ、フィリピン移住、2013年よりミャンマーへ。 タイ発行の日本語情報誌「WOM」を始め、東南アジア情報を雑誌やWEBに寄稿。ヤンゴンや地方の古都を巡り、まだ知られていないミャンマーの人々や生活の魅力もご紹介します。

乾季のバガンは日の出とともに数多くの気球が浮かび上がり、仏塔と気球のコラボレーションも素敵。 乾季のバガンは日の出とともに数多くの気球が浮かび上がり、仏塔と気球のコラボレーションも素敵。

一生忘れられないバガンの早朝の風景

ミャンマーで外国人から人気急上昇中の旅先、バガン。約3000の仏塔が点在し、どこを歩いても幻想的な風景に出会える魅惑の地ですが、乾季の10月〜3月しか楽しめないのが「気球遊覧で空からバガンを一望」するということ。仏塔に登り、高い位置から朝日や夕日を眺めるのはもはや王道コースですが、気球が上昇する位置からの一人占め風景は目に焼き付いて一生忘れることのない素晴らしいものとなること間違いなしです!!

 

気球の色によって気球遊覧会社が一目でわかるようになっています。 気球の色によって気球遊覧会社が一目でわかるようになっています。

広い畑からプカプカと浮かび上がる熱気球

期間限定の気球遊覧は観光客のなかでも特に欧米人に人気があります。もともと価格帯が高いミャンマーの旅行費用(ホテル代など)ですが、このバガンの気球乗船費用は“高っ!”と一声が出てしまうほど。約45分の遊覧で一人300〜380ドル。それでも予約で99%は埋まっているというほどの大人気ぶり。旅程のなかで節約してでもこの風景に出会う体験は譲れないという人が多いということ。早朝辺りが暗いうちに宿泊先へ迎えの車がきて到着するのはなんとバガン郊外の畑。そこから静かにプカプカと気球が飛び立っていくのはなんとも長閑。

 

定員の少人数に設定しているプレミアムツアーなど遊覧会社によって条件は様々。乾季のバガンは早朝寒いです。防寒着は必須です。 定員の少人数に設定しているプレミアムツアーなど遊覧会社によって条件は様々。乾季のバガンは早朝寒いです。防寒着は必須です。

気球の安全性は大丈夫?サービス内容は?

気球というと、事故のニュースが記憶にあり心配される方も多いと思います。バガンでの気球遊覧は強風など天候不順になった場合はフライトキャンセルになりその際は全額返金になります。気球操縦士も外国人や訓練を受けた人となっていてスキルも高いと評判です。朝日の昇る景色を搭乗者全員が眺められるよう、少しずつ角度をかえて旋回もしてくれるのでご心配なく。軽食やシャンパンのサービスがある会社もあります。気球が飛び立ってしまうと自分ではどうにもできないですけど...海外では安全対策には自身でしっかり意識をもっておく必要はありますよね。

 

気球は上空まであがると、数百メートル地点で停滞したまま花火を打ち上げたりするので迫力満点ですが、危ない… 気球は上空まであがると、数百メートル地点で停滞したまま花火を打ち上げたりするので迫力満点ですが、危ない…

タウンジーの大規模な気球祭りは大騒ぎ!

気球といえば、ミャンマーで有名なのがインレー湖近くのタウンジーで毎年10月末〜11月初に行われる「タザウンダイン気球祭り」です。ビルマ歴の満月約10日間ほど開催される大きなお祭りです。ここでの気球は驚くほど派手で面白いです。それぞれの気球は企業や出品者の威信にかけた“ド派手”さを競っていて、気球に花火をぶら下げる、電光装飾する、など数万人が祭りに集い美しい気球の数々に酔いしれます。しかし、その数もそうとうなものですべてのプログラムが終わるのは深夜、もちろん消防車は待機、という厳戒体制。ここでも自分の身の安全は自分で守る意識は大事!

 

タウンジーの気球祭りは昼も夜も盛り上がり、ミャンマー各地から多くの人が集まります タウンジーの気球祭りは昼も夜も盛り上がり、ミャンマー各地から多くの人が集まります

【関連情報】

バガンの気球遊覧会社
■Ballon Over Bagan
■Oriental Balloning
■Golden Eagle Balloning

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/05/12)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事