おとぎ話の国、ルクセンブルグへ!

観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

おとぎ話の国、ルクセンブルグへ!

掲載日:2016/06/26 テーマ:観光地・名所 ライター:りんみゆき

タグ: ファンタジー 一度は行きたい 教会 歴史



ABガイド:りんみゆき

【家族で海外旅行のABガイド】 りんみゆき
全ガイドを見る
香港在住22年。元外資系航空会社のCA、現在はライターや通訳。CA時代から旅行が大好きで、子どもができても世界のあちらこちらに出没しています。リゾートやハイキングなど子連れ旅行のおすすめ情報を発信中。

改装工事は2017年終了予定 改装工事は2017年終了予定

新市街と旧市街を結ぶアドルフ橋

日本人にはあまり馴染のない、遠い国のイメージがある小国のルクセンブルグ。日本からの直行便はありませんが、隣国のドイツ、フランス、ベルギーから電車や飛行機で行くことができます。「古い街並みと要塞砦」が1994年に世界遺産登録されただけあり、橋を渡り、旧市街へ入ると中世にタイムスリップした感覚に陥ります。新市街と旧市街を結ぶ84メートルの石造のアーチ橋であるアドルフ橋は2016年2月現在は修復工事の真っ最中。その様子はwww.healtheadolphebridge.luで見ることができます。

 

おつりがないこともあるので、入場料は小銭を用意しておいた方がベター おつりがないこともあるので、入場料は小銭を用意しておいた方がベター

ボックの砲台と地下要塞

ルクセンブルグの旧市街はもともとあった天然の要塞に城壁が作られました。ボックの砲台(casemates du Bock)からは地下要塞に入場することができ、まるで迷路のよう。暗くて狭いところもあり、冒険大好きキッズはワクワク大喜び。アップダウンが激しいので、ベビーや小さい子ども向きではありません。砲台といってもあまり残っていませんが、グルントを見下ろす眺めはどこもフォトスポットになります。入場時間は10:00〜17:00。夏場は入場するのに待つこともあるので、それを考慮してスケジュールを組むといいでしょう。

 

地元の人にとっては祈りの場所なので、リスペクトしながら立ち寄りたい 地元の人にとっては祈りの場所なので、リスペクトしながら立ち寄りたい

ステンドグラスが見事なノートルダム大聖堂

川沿いの観光スポットである、第一次世界大戦の戦没者慰霊碑のある憲法広場のすぐ近くにある美しい大聖堂。中はどんな音色か想像したくなる大きなパイプオルガンとカラフルなステンドグラスに囲まれ、心が穏やかになります。パイプオルガン横の彫刻も見応えあり。時間に余裕があれば、椅子に座ってステンドグラスをひとつずつゆっくり観賞したいもの。この大聖堂は17世紀に建てられたゴシック様式とルネサンス様式が組み合わさっているユニークな建物です。

 

地元の人と交流しながらお買いものできるマーケットは旅の醍醐味 地元の人と交流しながらお買いものできるマーケットは旅の醍醐味

マーケットが開催されるギョーム広場

市庁舎もありギョーム二世の銅像があるギョーム広場は地元の人たちの憩いの場。週末にはマーケットが開催されていることも多く、のぞいてみる価値あり。一見ガラクタにみえるアンティークなどの掘り出し物がみつかるかも!?カフェが並び、観光で疲れた身体を休めるのに最適。広場にあるツーリスト・インフォメーションは情報が充実しており、子ども向けのマップではルクセンブルグの子どもなら誰もが知っている伯爵と人魚が、旧市街のみどころを案内してくれます。街中探検後キーワードがそろったら、インフォメーションに戻り、宝の箱を開けるとうれしいサプライズが!

 

ルクセンブルグ政府観光局のサイトwww.visitluxembourg.com ルクセンブルグ政府観光局のサイトwww.visitluxembourg.com

人々の暮らしに触れることができるグルント地区

ペトリュス溪谷の底にある、まさにおとぎ話の世界であるグルント地区。徒歩、もしくはエレベーターで降りていくことができます。静かでかわいらしい街並みはゆっくりと散策したいもの。要塞を見上げたり、サン・ジャン教会を見た後は、川沿いのカフェやレストランで早めのお食事がおすすめ。この地区のレストランは大人気で夕食時には混みあいます。バーでは陽気にワインやビールを片手に、おしゃべりに花を咲かせているロコや観光客の姿も。ルクセンブルグは治安もよく平和なので、夜遅くなっても安心です。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/06/26)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

この記事の関連情報

関連記事
観光地・名所の記事一覧
 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事