ペルー北海岸部を代表する民芸品の街、カタカオス

ショッピングの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ペルー北海岸部を代表する民芸品の街、カタカオス

掲載日:2017/09/22 テーマ:ショッピング ライター:原田慶子

タグ: お土産 かわいい たのしい ショッピング 安い 街歩き 女子旅におすすめの行き先 欲しい



ABガイド:原田慶子

【ペルーのABガイド】 原田慶子
全ガイドを見る
ペルー・リマ在住フリーランスライター。ペルーの観光情報を中心に文化や歴史、グルメ、エコ、ペルーの習慣や日常などを様々な視点から紹介。『地球の歩き方』『今こんな旅がしてみたい』『トリコガイド』『世界のじゃがいも料理』などペルー編の取材協力多数。「Keikoharada.com」にてペルー情報発信中。

ピウラ市の南12kmにあるカタカオスは、小さいながらも見どころの多い街だ ピウラ市の南12kmにあるカタカオスは、小さいながらも見どころの多い街だ

ペルーで本格的なパナマ帽はいかが?

多様な気候風土と豊かな郷土色を持つペルーには、民芸品や工芸品で名を馳せる街がいくつもある。ペルー北海岸部のピウラ州にある「CATACAOS(カタカオス)」もその1つ。カタカオスとはムチック語(ペルー北海岸部の古代言語)で、「豊かな穀粒」という意味だ。一年を通して気候温暖なこの街は、その名の通り綿花や米、フルーツ栽培などの農業が盛ん。そんなカタカオスの大地が育んだパナマソウ科の植物トキージャから作る「SOMBRERO DE PAJA TOQUILLA(いわゆる“パナマ帽”)」は国内だけでなく、欧米に輸出されるほどのクオリティを誇っている。今回はそんな“民芸品の街”カタカオスを紹介しよう。

 

本格的なパナマ帽からいわゆる麦わら帽子まで、さまざまな種類が並ぶ専門店 本格的なパナマ帽からいわゆる麦わら帽子まで、さまざまな種類が並ぶ専門店

メジャーになる前の今がお買い得!

カタカオスのパナマ帽の歴史は古く、18世紀にはトキージャやフンコ(イグサ科植物)を使った帽子がすでに生産されていたという。長繊維でしなやかなタカオスのトキージャは、パナマ帽のメッカであるエクアドル産に引けを取らないものの、世界的にはまだまだ知られていない。その分価格も手頃で、エクアドル産だと最低でも50ドルを下らないパナマ帽がカタカオス産なら半額以下で手に入る。2013年に国の文化財に指定されたカタカオスのパナマ帽は、これからますます注目されていくだろう。また、トキージャを使った籠やバッグも軽くて使いやすい。常夏の街らしく、ポップでカラフルな色使いが特徴だ。

 

カタカオス産の銀製品はAg925〜950と高品質なものばかり カタカオス産の銀製品はAg925〜950と高品質なものばかり

銀細工の街としても有名

パナマ帽より数年早く文化財に指定されたのが、カタカオスの銀細工だ。かつてペルー北海岸部にはモチェやシカンといった黄金文化が栄え、その技術はインカ、スペイン副王領時代を経て現代に受け継がれてきた。街のシンボルにもなっている「IGLESIA SAN JUAN BAUTISTA(サン・フアン・バウティスタ教会)」の裏手には「CITE JOYERIA CATACAOS(カタカオス宝飾技術改良センター)」があり、銀細工の作業工程を間近で見学できる。またカタカオスのさまざまな民芸品の展示とその歴史や作り方などがパネルで紹介されているので、カタカオスで買い物を始める前に覗いてみるといいだろう。

 

チュルカナスの陶器は、いかにも民芸品らしい素朴なデザインからモダンで洗練されたものまでさまざま チュルカナスの陶器は、いかにも民芸品らしい素朴なデザインからモダンで洗練されたものまでさまざま

そぞろ歩きにもってこいのコメルシオ通り

アルマス広場の西側を通る「CALLE COMERCIO(コメルシオ通り)」は、カタカオスのありとあらゆる民芸品が並ぶ土産屋のメッカ。パナマ帽や銀製品の他、地元住民愛用のひょうたん製の器もオススメだ。またカタカオスから北東へ61km、陶器の街として知られるチュルカナス特産の工芸品も土産として人気が高い。1960〜70年代に地元の陶工たちが古代の土器製造技術を復元したという陶器は、木製のパネルと石を使って表面を成形・研磨し、独特の艶を出している。壺や花瓶、食器類のほか、北部地方らしいふくよかな女性をかたどった置物も可愛らしい。なお、チュルカナスの陶器の製造法については日本の大阪府吹田市にある国立民族学博物館内でも紹介されているので、機会があればぜひ立ち寄っていだだきたい。

 

地元レストランでも使われているひょうたんの器 地元レストランでも使われているひょうたんの器

【関連情報】

■CATACAOS(カタカオス)
リマからピウラまで飛行機で1時間45分。
ピウラ市内からカタカオスまでコレクティーボ(乗り合いタクシー)で25分。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/09/22)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事