page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光地・名所の現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

焼き物の里キヌア村

掲載日:2018/03/10 テーマ:観光地・名所 ライター:原田慶子

タグ: お土産 かわいい ショッピング 街歩き 雑貨 欲しい 歴史



ABガイド:原田慶子

【ペルーのABガイド】 原田慶子
全ガイドを見る
ペルー・リマ在住フリーランスライター。ペルーの観光情報を中心に文化や歴史、グルメ、エコ、ペルーの習慣や日常などを様々な視点から紹介。『地球の歩き方』『今こんな旅がしてみたい』『トリコガイド』『世界のじゃがいも料理』などペルー編の取材協力多数。「Keikoharada.com」にてペルー情報発信中。

楽器がうまくなりたい人にオススメの「シレーナス」、その後ろにあるのは「教会」だ 楽器がうまくなりたい人にオススメの「シレーナス」、その後ろにあるのは「教会」だ

アンデスらしい素朴なデザインが魅力

ペルーは民芸品や工芸品の宝庫。中でも「ペルーにおけるフォークアートと民芸品の首都」と称されるのが、アンデスの街「Ayacucho(アヤクチョ)」だ。色鮮やかな刺繍を施した布製品や、箱庭祭壇ともいわれるレタブロ、アラバスターを使った石彫などが有名だが、焼き物も見逃せない。特にアヤクチョ郊外のキヌア村で作られる「CERAMICAS DE QUINUA(キヌア村の陶器)」は、ペルー国内でもつとに有名。アンデスらしい素朴なデザインと穏やかな色調が特徴で、カトリック由来のデザインから日用品まで幅広く、お土産にも最適。手作りならではのぬくもりを感じる陶器だ。

 

穏やかな雰囲気のキヌア村。屋根の上に教会型の陶器が置かれている 穏やかな雰囲気のキヌア村。屋根の上に教会型の陶器が置かれている

教会型の陶器はまるで沖縄のシーサー

キヌア村へはアヤクチョの中心部から北東にバスで約50分ほど。村の中心部へと続く階段の傍らには陶器のデザインの説明があるので、ゆっくり眺めながら登っていこう。キヌア村の陶器を有名たらしめているのが「教会」だ。スペイン人が伝えたカトリックがアンデス世界に根付く中で生まれた一種のお守りのようなもので、村人は屋根にこの「教会」を置いて、悪い精霊から家や家族を守っている。自分で購入するのではなく、結婚して新居を構えた時にパドリーノ(代父)から贈られるのが良いそうだ。楽器をたしなむ人には、半人半漁の姿をした「シレーナス(人魚)」がオススメ。この人魚は、祭りでの新しい出会いを誘う魔法使いでもある。

 

村に続く階段の傍らに設けられたパネルには、各デザインの説明がスペイン語、英語、ケチュア語で記されている 村に続く階段の傍らに設けられたパネルには、各デザインの説明がスペイン語、英語、ケチュア語で記されている

聖女からリャマ、日用品までさまざま

敬虔なカトリック教徒の村らしく、キヌア村の守護聖女「ビルヘン・デ・コチャルカス」を表したタイプの陶器もある。毎年9月8日に行われる村祭りでは、この守護聖女を乗せた御輿が街を練り歩くそうだ。リャマや牛を模った動物型の焼き物は、農業に欠かせない「水」にまつわる祭りに使われる。牛型のものは「教会」と同じく、屋根の上に飾ることもあるという。キヌア村の陶器にはまた、皿や水差しなど実用的なものも。シンプルなデザインと落ち着いた色合いが人気で、アヤクチョ市内のカフェやレストランでもキヌア村産の食器を時々見かける。少々重いのは難点だが、使うほどに手にしっくり馴染んでくるだろう。

 

アヤクチョ平原に建つオベリスクは、ペルーの独立を確たるものにした「BATALLA DE AYACUCHO(アヤクチョの戦い)」の記念碑 アヤクチョ平原に建つオベリスクは、ペルーの独立を確たるものにした「BATALLA DE AYACUCHO(アヤクチョの戦い)」の記念碑

村の周辺にも見どころがいっぱい

焼き物に限らず民芸品の村というのは、営業熱心な観光客目当ての店がひしめき雑然とした雰囲気になりがちだが、キヌア村は驚くほど静かでのんびりしている。村にはいくつかの小さなギャラリーと陶芸工房があるだけなので、食事は村入り口の街道沿いにある屋台で済ませるか、持参したほうがよさそうだ。キヌア村行きのバス乗り場は、前回のペルー現地ガイド情報で紹介した「ワリ遺跡」の先にあるので、まず遺跡を見学してから村に向かうといいだろう。また村のはずれにはペルー独立戦争の激戦地「PAMPA DE AYACUCHO/PAMPA DE LA QUINUA(アヤクチョ平原またはキヌア平原)」が広がり、戦勝記念のオベリスクもある。

 

キヌア村とアヤクチョ平原を結ぶ街道沿いには、アンデスの郷土料理を出す屋台が並ぶ キヌア村とアヤクチョ平原を結ぶ街道沿いには、アンデスの郷土料理を出す屋台が並ぶ

【関連情報】

■PUEBLO DE QUINUA(キヌア村)
住所:アヤクチョから北東へ32 km
※アヤクチョからのローカルバスのほか、キヌア村とアヤクチョ平原、ワリ遺跡を訪問する日帰りツアーもある。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/03/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事