page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スポーツ観戦の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

憧れの全仏オープン 本戦前日のキッズデーに行ってみよう


掲載日:2019/06/14 テーマ:スポーツ観戦

タグ: おもしろい イベント 一度は行きたい


テニス好きにはたまらない!ローラン・ギャロス

準センターコートである「スザンヌ・ランラン・コート」。中央にあるのはスザンヌ・ランラン像。 準センターコートである「スザンヌ・ランラン・コート」。中央にあるのはスザンヌ・ランラン像。

国際テニス連盟が定めた4大大会の一つ、全仏オープンはパリのブローニュの森の近くにあります。テニス好きの方でしたらローランギャロスは憧れの地。チケットを取るためには、旅行会社などに頼むこともできますが、個人的にチケットを取りたい場合は公式サイトでの購入をオススメします。
チケットを購入するためには公式サイトでアカウントを作成する必要があり、購入手続きに進みます。購入後、登録したメールに確認のメールが届きますので必ずチェックして下さい。メールが届いたら内容を読み、再び公式サイトでチケットを使う人の情報の登録します。大会当日は登録された人と同一人物なのかを写真付きの身分証明書で確認するので、パスポートを忘れないようにしてください。

本戦前日のキッズデー

センターコートである「フィリップ・シャトリエ・コート」 センターコートである「フィリップ・シャトリエ・コート」

公式サイトでは、すでに3月末からチケットが発売されていますが、センターコートや準センターコート、第1コートで行われるチケットはすぐに完売してしまい、チケットを取ることが難しいことで有名です。一度ローランギャロスの雰囲気を楽しみたいな、ということでしたら、オススメはローランギャロスの本戦前日に開催されるキッズデー。キッズデーはもちろん大人でも入場することができ、入場料は大人、子供とも一律1人20ユーロです。キッズデーは主要コートと外部コートが一般公開されています。通常でしたら席が指定されていて自由に座ることができないコートでも、この日は特別。例外的に自由席なので、憧れの席にも座ることができます。さまざまなイベントの他に、テニス選手の練習試合やテニス選手がエンターテイナーになり、ファンを楽しませてくれます。この日の収益は慈善団体に寄付されるそうです。

巨大なテニスボールにサイン

巨大なテニスボール。ローラン・ギャロス内のショップに必ず売っています。 巨大なテニスボール。ローラン・ギャロス内のショップに必ず売っています。

私のオススメはやはりテニス選手の練習試合を観戦すること。毎年優勝候補の選手など、世界ランキングで上位にいる選手も参加していますので、間近で観戦できることはこの日のポイント。試合が終わってから前例に子供たちを優先して並び、コートにいる選手にサインをもらいます。全ての選手が対応するわけではないのですが、穏やかな雰囲気なイベントなので比較的サインに応じてくれます。その為、練習試合開始前に早めに入場し、なるべく前方に席を確保しておきましょう。ローラン・ギャロス敷地内にあるショップでは、サイン用の巨大なボールが売られており、大人気。少々高めの価格ですが、憧れの選手たちのサインボールは、一生大事に飾っておけるので、価値ありです。サインボール以外でも帽子、Tシャツ、鞄などにサインしてもらっている方もいます。ただたくさんの子供たちが前の方に押し寄せるので、おしくらまんじゅう状態になり少々危ないシーンも。特に前方に座っている人は注意してください。

お土産選びも楽しみ

ローランギャロスの敷地内で購入したカプチーノ。ミルクの上にローランギャロスの文字、マークが! ローランギャロスの敷地内で購入したカプチーノ。ミルクの上にローランギャロスの文字、マークが!

せっかくの機会ですから思い出になるお土産を敷地内のショップで選びましょう。ローランギャロスのマーク入りのグッズはテニスの道具以外にも鞄や傘、文房具などもあるので、じっくり見てみては?
あと会場に持っていくものですが、まず飲み物を用意しましょう。(水などのボトルは1.5リットル以上は持ち込めません)特にキッズデーは比較的暑い日が多く、ここ3年ほどは晴天で日焼けや熱中症には十分注意が必要でした。反対に雨が降る日も多く、レインコートが必要な時もあります。レインコートは敷地内でも売っています。
反対に持ち込み禁止のものが多々あります。例えばキックボードやローラースケートはもちろん、缶類も禁止されています。(特に日本人が引っかかるものは魔法瓶です。これは禁止されています)又、キャリーバッグや15リットル以上ある鞄も持ち込めません。
世界が注目する大会ですからセキュリティは厳しくなっていますが、一度は訪れていただきたい素敵な大会です。

情報:

ローラン・ギャロスの近くにあるパン屋さんLe Grenier a Painで毎年販売されるボール型のケーキ。 ローラン・ギャロスの近くにあるパン屋さんLe Grenier a Painで毎年販売されるボール型のケーキ。

Roland-Garros
2, Avenue Gordon Benett, Paris 75016
9番線: Michel-Ange Auteuil, Michel-Ange Molitor
10番線 : Porte d'Auteuil, Michel-Ange Molitor, Boulogne Jean-Jaures, Pont de Saint-Cloud

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/06/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索