「あわび」に関連する現地ガイド記事

「あわび」に関連する現地ガイド記事

あわびに関する現地ガイド記事を集めました。あわびの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

最高の北京ダックを求めて! 贅沢に至福のひととき

[2010/04/04] 葛西玲子

先日、花の都パリに20年以上も住む幼なじみがシンガポールに遊びにきました。限られた滞在期間、何を食べに行こうかといつものように思いを巡らしていましたが、到着後、彼女は開口一番“北京ダックが食べたい!“と宣言したのです。パリにはチャイナタウンもあるし、冒険好きの彼女にとってはシンガポールならではのローカル色の強い料理が珍しくて喜ばれるかなと勝手に考えていたので一瞬面喰いましたが、確かに名店で本格派の中華料理に舌鼓を打つ優雅なひとときは何にも変えがたい至福の時間です。 続きを読む



キムチ疲れした朝には韓国でも流行中のお粥でキマリです!

[2009/03/13] 山崎裕子

そして、とっておきの情報を。今、韓国ではドラマの大ヒットによりお粥ブームが訪れています。そのドラマというのが日本の漫画が原作の「花より男子」。日本版でいうところのヒロインつくしが働いている店がお粥屋でその店にイケメン軍団F4(エフフォー・4人のモテ男たち)が集う設定となれば話題にならないわけがありません。実在し舞台になった店には連日、女性たちが集い、お粥を食べながら楽しそうにドラマや俳優談義に花を咲かせています。日本でも放送が決まっているのでひと足はやく“つくし”のお粥を食べに行ってみませんか?… 続きを読む



食べて感動!海の恵みと大自然の恵みいっぱいの「済州グルメ」を堪能してみませんか

[2008/01/25] 山崎裕子

あわび料理の中でもいちばんポピュラーな料理ですが、韓国らしくゴマ油で炒めて粥に入れられる、あわびの身はとても香ばしく、朝の活力としても、酔い覚ましとしてもぴったりの一品です。店によっては、あわびの肝(内臓)を入れる所もあり、うすく緑がかった粥もありますが、これがまた美味なのです。いずれにしても、栄養的にも申し分ないほどミネラルもたっぷりですので、食欲のないときにもおすすめします。あわび粥はだいたい1万ウォン(約1180円)が相場ですが、ドラマ「太王四神記」で済州島に滞在していたぺ・ヨンジュンさん… 続きを読む



バンコクでお腹にもお財布にもお肌にもうれしい、フカヒレ見っけ♪

[2007/11/27] 根本聡子

みなさん、フカヒレ食べたことありますか? 私はお正月とか誕生日とか、めでたいときに2、3回(涙)。だってフカヒレは中国料理の中でも高級中の高級といわれる食材。簡単に手が出せるものじゃございません! でもあのプリプリッとした食感。ツルッとしたのごどし。あぁ、よだれが…。そのフカヒレをコースで食べるとしたら、おいくら万円な世界ですよね。でもそれがたった659バーツ(約2300円)で食べられるとしたら!? いや、バンコクなら食べられるのです!! 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 あわび」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。