「お茶」に関連する現地ガイド記事

「お茶」に関連する現地ガイド記事

お茶に関する現地ガイド記事を集めました。お茶の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

バンガロールの老舗レストラン&カフェ「コーシーズ」へ!

[2016/12/26] 鈴木千晶

ここはバー&レストランというだけあって、お酒や食事を楽しむことができますが、お茶や軽食だけ食べにくるお客さんもたくさん。隣のグループはインド式ミルクティーのチャーイとスナックを頼んで、ゆっくり話をしながらティータイムを楽しんでいました。客層も若い人からちょっと年配の方々まで、皆がそれぞれ食事を店の雰囲気を楽しんでいるようで、非常に居心地がよかったです。今風のおしゃれなレストランには事欠かないバンガロールですが、こういう落ち着いた雰囲気のお店もまだまだ残っているのですね。バンガロールに来たら、ぜひ… 続きを読む



ガイドブックにはない街アカトラルで、トルコ土産はバッチリ!

[2016/12/23] Yeni

「シマ」を出たら、今度は来た道(ゼイティンオール通り)を再びアクメルケズ方面に戻り約5分の、「ボアジチ・クルイェミシ(Bogazici Kuruyemis)」を訪ねましょう。ロータリーに出たら一旦右手に折れて下さい。道を挟んだ向かいにお店が見えます。ここはナッツとドライフルーツの宝庫。スパイスや体に良さげなお茶なども種類豊富に取り揃えられています。ナッツなどの味見はトルコで当たり前なので、声を掛けた後片っ端から試していきましょう。お勧めは皮なしピスタチオ。旧市街のエジプシャンバザールよりお得です… 続きを読む



コロニアル時代の名残がそこここに ノスタルジックに、ゴージャスに、シェムリアップ

[2016/12/19] 岩佐 史絵

たとえ宿泊の予定がなくとも、ぜひ訪れてほしいのがサロン。ここでは本格的なアフタヌーンティーを楽しみます。 ちょうど窓一面に中庭を望み、緑が目に優しく落ち着きがあります。この静けさとやわらかな光、外の暑さを感じさせない空間は、ここにいるだけで気持ちがよくまさに“この雰囲気の中に身を置くために来る場所”。老舗の風格すら漂わせており、ぜひドレスアップしてお茶をいただきたいものです。 3段のプレートに乗せられたアフタヌーンティーも、サンドイッチ、スコーン、そしてプティフールと英国式。さすがラッフルズ!(… 続きを読む



郭元益で生地から作る!【パイナップルケーキ作り体験】日本語ガイド付

[2016/12/01] 中園 まりえ

博物館見学を終えると、お茶とお茶菓子が振る舞われます。もうその頃には、オーブンから取り出されたパイナップルケーキの甘い幸せな香りが部屋中を包み込みます。ティータイムを終えると、ちょうど余熱も冷めて、包装できる良い頃合いです。全部で10個焼き上がり、内9個は自分で包装紙でラッピングして箱詰めし、残り一個はその場で試食できます。できたてはやはり最高です!自分への台湾土産としても、特別なお友達へ一個ずつ配っても喜ばれそうですね。 続きを読む



ウェールズの大自然と本の町

[2016/11/29] マチルダ

国立公園沿いのヘイオンワイと呼ばれる町があります。古本で有名な町でほとんどの建物が古本屋になっています。この日は休日で観光客がいっぱいでした。中心街では、ケルト音楽が演奏されカフェでお茶を楽しんだり、マーケットの掘り出し物を探している人達が。町中の古本屋は、安い最近の本を扱うお店から、何百年前の綺麗な布製の本を展示するお店まで色々あります。一番のお気に入りは、アニメやイラストなどを扱うお店で、ヴィンテージの可愛らしい挿絵に惹かれました。他にも、アンティーク屋さんなど半日楽しめる町になっています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 お茶」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。