「アドリア海」に関連する現地ガイド記事

「アドリア海」に関連する現地ガイド記事

アドリア海に関する現地ガイド記事を集めました。アドリア海の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ロケーションで旅のスタイルも変わるドゥブロヴニクのおすすめステイ先

[2016/01/11] 古関千恵子

“アドリア海の真珠”とたとえられるドゥブロヴニク。周囲約2キロの高い城壁で囲まれた旧市街は、一面に広がるオレンジ色の屋根と深いブルーの海とのみごとなコントラストに心打たれる世界遺産です。ジブリ映画の『紅の豚』の舞台のモチーフでもあり、“中世の東欧”でイメージするとおりの風景が待っています。今回はそんなドゥブロヴニクのステイについて。エリアは大きく分けて、旧市街内、海越しに旧市街を望むラパッド地区、ビーチリゾート気分が味わえるプロチェ地区の3カ所。それぞれで旅のスタイルも変わります。 続きを読む



年に一度の仮面舞踏会! ヴェネチアのカーニバルであなたは何に扮してみる?

[2015/01/16] 木場しのぶ

ところで、2015年にはミラノで食のEXPO(博覧会)が開催されます。それにリンクして今回のカーニバルは“世界一美味しいフェスティバル”と題して食にも力を入れる模様。もともとアドリア海産のシーフード料理に定評のあるヴェネチアですから、レストランのみならず、町中に点在するバーカロと呼ばれるつまみの豊富な居酒屋もさらに腕を振るってくれそうです。 続きを読む



見所のギュッと詰まったイタリア最南東端。余すことなく味わえる列車の旅!

[2014/10/05] 木場しのぶ

そんな旅をリードしてくれるのが鉄道。イタリア全土を網羅する元国鉄のイタリア鉄道(FS)はアドリア海に沿って南はレッチェまで走り、一方西からのルートはナポリ、サレルノからブーツのかかとの付け根にあるTaranto(ターラント)やFrancavilla Fontana(フランカヴィッラ・フォンターナ)を経て同じくレッチェ終点。そして内陸部をローカル線の南東鉄道(Ferrovie del Sud Est)が補っています。ちょうど州の中央にある州都バーリから南は岬近くのガリアーノ・レウカまで通っているの… 続きを読む



鉄道の旅でイタリアを2倍楽しもう!

[2013/04/01] 木場しのぶ

このエウロスターには、(1)frecciarossa(フレッチャロッサ)、(2)frecciargento(フレッチャルジェント)、(3)frecciabianca(フレッチャビアンカ)の3種類があり、は(1)北はトリノからミラノを経てナポリの南のサレルノまで。(2)はアルプス山脈に近いボルツァーノから長靴のつま先のレッジョ・カラブリア、東は同じ長靴の踵部分のレッチェまで、(3)は上のふたつの路線を補う形で、特にティレニア海とアドリア海沿岸を縦断しています。所要時間は(1)のミラノ―ローマ間約6… 続きを読む



チューリッヒの街にひと際聳え立つ高層ビル「プライムタワー」

[2013/02/22] ロッテンマイヤー

もうひとつはアラカルトからのパスタ料理。こちらも見た目からしてかなり独創的です。そしてどうです、この繊細さ!パスタ生地の中にフレッシュチーズがくるまれているのですが、このチーズがまた別格なおいしさ!アドリア海に面したアプーリアという地域特産のこのチーズ、それだけで食べるとすこ〜し塩辛いのですが、ソースとなっているネギがとっても柔らかくほんのり甘いので、さじ加減が抜群に合っています。きっと赤ワインともベストパートナーの一品でしょうね。ちなみにこちらは前菜メニューなのですが「メイン」として注文するこ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アドリア海」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。