「アニメ」に関連する現地ガイド記事

「アニメ」に関連する現地ガイド記事

アニメに関する現地ガイド記事を集めました。アニメの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ロッテルダムにもラーメンブーム到来!

[2017/10/30] ミツフィ

最近は海外で空前のラーメンブームが起きており、日本のニュースでも取り上げられています。海外でラーメン、カレー、ハンバーグ、オムライスなどが知れ渡るようになったのは、主にアニメの影響だと言われています。「アニメに出てくる食べ物がおいしそう」と海外のアニメファンたちが注目したのが始まりで、ラーメンの知名度はNARUTOからだと言われています。つまり元をたどれば、現在の海外新世代の日本旅行ブームや日本食ブームは、成長して経済力を得た海外のアニメファン達(いわゆるアニオタ外人)が初期の消費者層で、彼らを… 続きを読む



アテネ街歩き 新たな名所、スタヴロス・二アルホス財団文化センターへ!

[2017/08/25] アリサンドラトゥー芳香

財団の文化センターから大通りを挟んで向かい側に、エヴゲニドゥ財団の建物があり、そこにはプラネタリウムが入っています。大通りの下は地下道で結ばれていて、文化センターから5分ほどで移動することができます。プラネタリウムは、直径25メートル、表面積935平米で、世界最大規模です。IMAX,OMNIMAXその他の映像を見ることができます。一方、子供向けの宇宙に関係したアニメの上映など(やはりドーム型のスクリーン)もあり、どちらも言語はギリシャ語ですが、1ユーロの追加料金で、英語の同時通訳のサービスを利用… 続きを読む



完全に円形の城塞都市ネルトリンゲン

[2017/03/12] 沖島博美

14世紀になると手工業が発展し、ネルトリンゲンは皮なめし職人が多くなる。彼らは町の北側を流れるエーガー川の傍に住んだ。皮なめしには大量の水が必要だったからである。皮なめし産業で町は潤い、人口増加で1327年に新たな市壁が建設される。これが現在に残る市壁である。最初の市壁は撤去されて道になり、地図で見ると環になっているのが判る。18世紀になるとヨーロッパでは船を使った遠隔交易に移って行ったため、ネルトリンゲンは次第に衰退していく。この衰退が幸いし、中世の町並みが残った。ここは『進撃の巨人』のような… 続きを読む



魅惑の台北駅 台北駅は実はかなりディープです

[2017/01/21] まさこ

台北駅の市民大道側Y地区の地下街は通称「台北地下街」と称します。また、駅を挟んで反対側忠孝西路の、Z地区は、「駅前地下街」と称しています。どちらも地下街だから同じようですが、ちょっと特色が違います。台北地下街は中山地下街とも繋がっているので、激安の洋服 や水晶などの石、アニメ キャラクター雑貨などが目白押し。安い子供服も豊富で、10代から80代まで楽しめる激安街として平日も多くの人で賑わっています。台北駅はどこからも乗り入れが楽なこと、買い物しやすい価格帯という事もあってか、ここ近年の土、日曜日… 続きを読む



ウェールズの大自然と本の町

[2016/11/29] マチルダ

国立公園沿いのヘイオンワイと呼ばれる町があります。古本で有名な町でほとんどの建物が古本屋になっています。この日は休日で観光客がいっぱいでした。中心街では、ケルト音楽が演奏されカフェでお茶を楽しんだり、マーケットの掘り出し物を探している人達が。町中の古本屋は、安い最近の本を扱うお店から、何百年前の綺麗な布製の本を展示するお店まで色々あります。一番のお気に入りは、アニメやイラストなどを扱うお店で、ヴィンテージの可愛らしい挿絵に惹かれました。他にも、アンティーク屋さんなど半日楽しめる町になっています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アニメ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。