「アフタヌーンティー、バンクーバー」に関連する現地ガイド記事

「アフタヌーンティー、バンクーバー」に関連する現地ガイド記事

アフタヌーンティー、バンクーバーに関する現地ガイド記事を集めました。アフタヌーンティー、バンクーバーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

本場とはひと味ちがう、カナダならではのアフタヌーンティーを

[2011/08/23] 西澤律子

バンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア,ビクトリア州の都ビクトリア。イギリスの植民地だったこの街でのお楽しみときたら、ずばりアフタヌーンティーでしょう。有名なのは、フェアモントエンプレス(結構いいお値段)だったり、オークベイにあるホワイトヘザー(ちょっと郊外)だったりします。そんな中、ダウンタウンにおしゃれなティースポットが誕生しました!その名もVenus Sophia(ビーナス・ソフィア)。チャイナタウンのど真ん中というロケーションの中、陽気なエジプト人のサリーとスイス人のアランというカ… 続きを読む



フェアモント・エンプレスホテルで過ごすビクトリア魅惑の休日

[2009/05/19] 西澤律子

ブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリア。1849年にイギリスの植民地になったことから、時の女王の名を取って名付けられたこの街は、カナダでありながらイギリスの雰囲気が漂い、バンクーバーとはまたひと味、ふた味違った楽しみ方ができる場所です。たとえば、1世紀以上の歴史を持つ、ビクトリアのランドマーク的存在であるフェアモント・エンプレスホテルに泊まり、ゆっくりと過ごす。それは、ビクトリアの休日の楽しみ方の最たるものかもしれません。 続きを読む



アフタヌーンティーが楽しめるゴージャスな空間、ウィスラー・マウンテニア号

[2009/04/24] 西澤律子

春から秋にかけてウィスラーの旅に大きな彩りを与えてくれているのが、バンクーバーとウィスラーを一日一往復するウィスラー・マウンテニア号。2006年の開通以来、たくさんの人々を魅了してきたこの列車の、2009年の運行がもうすぐスタートします。今年は5月12日から10月6日まで。この期間、ウィスラーへの滞在を計画されているなら、ぜひ、この魅力満載のウィスラー・マウンテニア号の旅をおすすめします。この列車の大きな目玉は、なんといっても、復路、ウィスラー(3:00pm)→ バンクーバー(6:00pm)の便… 続きを読む



フェアモント・ホテルバンクーバーで優雅にアフタヌーンティーはいかが?

[2008/02/26] 西澤律子

「日常を離れ、いつもとはちょっと違う贅沢な時間を過ごしてみたい」。そう思うときは誰だってある。旅の中でこそ、そんな非日常が味わえるのではないでしょうか。たまにはあれこれと計画を立てず、ゴージャスな雰囲気の中、ゆっくりとお茶とお喋りを楽しむなんて最高ですよね。それこそ旅の醍醐味かもしれません。フェアモント・ホテルバンクーバーでのアフタヌーンティーはまさにそんなときにぴったり。青銅色の三角屋根を頂いた古城のようなこの老舗ホテルで、アフタヌーンティーをゆっくりと楽しむなんて贅沢、たまの自分へのご褒美に… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アフタヌーンティー、バンクーバー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。