「アペリティーボ」に関連する現地ガイド記事

「アペリティーボ」に関連する現地ガイド記事

アペリティーボに関する現地ガイド記事を集めました。アペリティーボの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

これは美味しい!食事もお酒も楽しめるケーキ店「Bottega di Pasticceria」

[2016/11/13] 堂剛

フィレンツェのちょっとだけ外れにあるパスティッチェリア「Bottega di Pasticceria」を紹介します。フィレンツェは素朴なケーキ店が多いですが、ここは北イタリア風の店作りで雰囲気とサービスがとても洗練されてます。ドルチェの質も良く、場所がら観光客が来ることは皆無、普段はちょっとリッチな地元マダムたちが集うため落ち着いているのも好印象です。実はこのケーキ屋さん、店内でカフェも楽しめ、お昼はランチ、夜はアペリティーボとお酒と料理も楽しむことができるのです。スイーツ好き、グルメな方は一度… 続きを読む



どこまでも続く大海原のオリーブの聖地でオレオトゥーリズモを堪能しよう

[2016/03/24] 田中富子

この搾油所では、搾油所訪問だけではなく、オリーブ畑訪問、エキストラ・バージン・オリーブオイルを中心とした朝食、オリーブオイル使用しているスパ、エキストラ・バージン・オリーブオイルとスペインの食材(生ハムやチーズ等)のアペリティーボ等食事プログラムも準備されている。ツアーは、基本的にスペイン語、英語、フランス語にてガイドされる。ハエンにはオリーブオイルの歴史と文化を感じさせるモニュメントもたくさんあるので、オリーブオイルのルーツを学びたい人にはぴったりのところだ! 続きを読む



ウフィッツィ美術館のテラスでアペリティーボを楽しむ!

[2012/08/30] 木場しのぶ

さらにもうひとつのメリットがこれ! この6月半ばに新しくウフィッツィ美術館内に「青の間(サーラ・ブルー)」がオープンしました。これは外国人画家の作品を集めた部屋で、アぺリティーボを楽しんだお客さんはこの部屋の入場もOK。なんだかオシャレですよね! このアペリティーボ名「アペリティーボ・アダルテ(芸術性あるアペリティーボ)」のごとく、芸術の都・フィレンツェならではの魅力溢れる催しなのです。その人気は一目瞭然。大きなテラスがすぐに満杯になるのですから。 続きを読む



元修道院が図書館に。館内のカフェは驚きの連続!

[2012/04/28] 木場しのぶ

図書館内のカフェであっても、形式は街中のものとまるで同じ。でもやっぱり図書館だからメニューはそれなりに絞ってあるかと思えば、さすがはイタリア!ワインもあります。余談ですが、病院内のバールにも棚にはズラーッとボトルが並んでますけれど、図書館内のアルコールというのも同様の驚きがありますよね。どちらも、誰が飲むの?って感じですが、飲みたい人が飲むんです(笑)。でもまだまだこれだけじゃありません。夕方〜夜にはアペリティーボまでやっているんですから。これはイタリアでおなじみのブッフェ形式の食事つきドリンク… 続きを読む



美しいバロックの町レッチェ。イタリアの長靴のかかとに行ってみよう!

[2011/10/10] 堂剛

レッチェの夏は夜が遅いです。地元の人も日中は海に行って、ランチの後はお昼寝、そして夕方18時頃から町に出てきます。食前酒のアペリティーボを楽しむのもこの時間から。町のメイン通りにはテーブルがセットされ始め、ちょっとオシャレした紳士淑女がおつまみとドリンクを楽しんでいます。そして、21時頃から夕食が始まるのです。レッチェのレストランはどの店も魅力的なメニューが並び、料金も安め。地元魚介料理はとても新鮮で日本人の舌にも良く合います。あとプーリア州では馬肉料理も名物なんですよ。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アペリティーボ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。