「アムステルダム、デザイン、本」に関連する現地ガイド記事

「アムステルダム、デザイン、本」に関連する現地ガイド記事

アムステルダム、デザイン、本に関する現地ガイド記事を集めました。アムステルダム、デザイン、本の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アムステルダムの絶景を満喫する「オープン・タワーデー」

[2018/03/06] テメル華代

2018年3月24日、アムステルダムでOpen Toren Dag (オープン・タワーデー)が開催されます。アムステルダム各所にある展望台やタワーが一般開放され、アムステルダムの街を俯瞰で眺めることができます。初開催の2013年に12箇所だった展望スポットは、2017年までに28箇所に増えました。開放される展望台・タワーはOpen Toren Dagの公式HPで3月1日までに発表されます。アムステルダムを歩いていて、頭上から鳴り響くカリヨンに鐘楼を見上げ、「この塔には登れるのだろうか?」と思った… 続きを読む



アムステルダムのパンネクーケンハウス厳選3店

[2017/03/06] テメル華代

オランダで定番の食事にパンネクーケン(pannenkoeken)があります。少し厚めのクレープのように生地を焼くオランダ風のパンケーキで、フルーツやクリームをのせたスイーツ系と、ベーコンや野菜をトッピングした食事系があります。日本のたこ焼きのように、小さく丸く焼いたポッフェルチェス(poffertjes)も人気のメニュー。そば粉とイースト菌を入れて柔らかく焼き上げ、たっぷりのバターやシロップ、粉砂糖をかけていただきます。オランダを訪れたらぜひ食べていただきたいパンネクーケン。アムステルダムにある… 続きを読む



オランダを代表する近・現代アートの美術館。アムステルダム市立美術館

[2016/03/22] ミツフィ

アムステルダムのミュージアム広場は、オランダを代表する美術館が集まり、道路を挟んだ向かいにコンセルト・ヘボウを臨む、アムステルダム観光のハイライトのうちの一つです。広場をそぞろ歩くと国立美術館やゴッホ美術館に続き、特徴的な現代建築が目に入ります。まるで巨大なユニットバスのような外観です。この斬新な建物が今回紹介するアムステルダム市立美術館 (Stedelijk Museum Amsterdam)です。 続きを読む



オランダ名物の木靴文化を体感!ザーンセ・スカンスの木靴工房

[2013/02/22] ミツフィ

アムステルダムから電車で約20分のザーンセ・スカンスは、オランダのアンティークなカントリーライフが体感できる保存地区です。ここは 17、8世紀のオランダの伝統的な建造物や、お馴染みの風車が移築されており、博物館やショップ、レストランとして活用されています。ザーンセ・スカンスのお勧め施設は複数有りますが、今回は木靴工房を紹介したいと思います。 続きを読む



デザイン用語になった有名チョコレート・ブランド、ドロステ

[2009/12/15] ミツフィ

世界各国を旅すると、空港内の売店で必ず見かけるものってありますよね。たとえばチョコレート。ヨーロッパは特においしいチョコレートが多いことで有名ですよね。そしてもちろんオランダにも大変有名なチョコレートのブランドがあります。その名はドロステ(Droste)。聞いたことがある方も多いと思います。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アムステルダム、デザイン、本」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。