「アムステルダム、自転車」に関連する現地ガイド記事

「アムステルダム、自転車」に関連する現地ガイド記事

アムステルダム、自転車に関する現地ガイド記事を集めました。アムステルダム、自転車の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

「みんなに愛される美術館」ができるまで〜アムステルダム国立美術館の舞台裏

[2017/07/04] テメル華代

アムステルダム国立美術館は、中世から現代にわたる8000点の芸術品を収蔵するオランダ最大の美術館です。レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など黄金時代の絵画が充実しています。赤レンガの美しいネオルネサンス様式の建物は、オランダを代表する建築家ピエール・コイペルス(1827-1921)によって1876年に設計されました。2004年から行われた大規模な改修工事では、コイペルス建築が創建当時の姿に蘇ったほか、インテリアの壁や床、天井の装飾も見事に復元されています。かつて迷路のように入… 続きを読む



眺めのいいカフェでセレブシェフのサンドウィッチを

[2017/06/27] ミツフィ

突然ですが、日本を訪れる外国人観光客に人気のスポットが「渋谷の交差点」というのはご存知でしょうか。彼らによると「交差点を行き交う人々の群れを見るのが大変興味深い」とのことです。日本人旅行者の場合も海外旅行先で「現地の人々の往来が見えるスポット」というのは興味深い場所ですよね。ユトレヒトの場合そのような場所はバイエンコルフの最上階にある「ザ・キッチン」でしょう。 続きを読む



自転車大国オランダでサイクリングを楽しむ

[2017/05/16] テメル華代

オランダは世界屈指の自転車大国です。総人口1600万人に対して自転車の総数が1800万台と、国民一人当たりの自転車保有率は世界一と言われています。平坦な地形や温暖な気候、充実したインフラなど好条件のもとで、昔から自転車は人々の重要な移動・運搬手段として用いられてきました。九州ほどの大きさの国土に張り巡らされた自転車専用道路は35,000km(日本では3,000km)で、国民の半数が毎日の通勤・通学に自転車を利用しています。自転車専用の信号機や道路標識、ラウンドアバウトも整備され、街中に駐輪スタン… 続きを読む



オランダのカントリーホテルで癒しの休日

[2014/06/24] ミツフィ

豊富なコレクションが揃う美術館やレンガ造りの可愛らしい街々を訪ねるのは、オランダ旅行での醍醐味です。同時にオランダのカントリーサイドにも、素晴らしい自然や趣深い場所が多々あります。そしてそこには、自然に囲まれ心身共に癒してくれる素敵なホテルが点在しています。ドイツ国境に近いルッテにある『ホテル ヘット・クラウセルト(Hotel 't Kruisselt)』も、そんな隠れ家的な癒しのホテルです。 続きを読む



オランダ最大のアートマーケット。ホールン・アートマーケット

[2012/08/16] ミツフィ

オランダ人は衣食住で何に重きを置くかと言うと、「住」かもしれません。自転車に頻繁に乗るから衣はジーパンで充分。食は夜だけ暖かいものを食べて、あとはチーズのサンドイッチで充分。しかし住にはこだわり、ホームパーティーをよく開きます。その上オランダの習慣で部屋のカーテンは閉めないため、部屋が外から丸見え。人様に見られても恥ずかしいことをしていない、という精神の表れだそうです。外から室内が見えるため自然とインテリアが重要なポジションを占めることになります。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アムステルダム、自転車」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。