「アムステルダム、雑貨」に関連する現地ガイド記事

「アムステルダム、雑貨」に関連する現地ガイド記事

アムステルダム、雑貨に関する現地ガイド記事を集めました。アムステルダム、雑貨の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界遺産地区のお洒落な博物館。バッグ・ミュージアム

[2017/02/09] ミツフィ

オランダ観光ではお馴染みの首都アムステルダム。環状運河地区は世界遺産として登録されており「アムステルダム観光=世界遺産の中を歩く」という独特の体験ができます。今回紹介するバッグ・ミュージアムも、世界遺産エリア内の壮麗なカナルハウスの中にあります。バッグ・ミュージアムの建物は17世紀の建造で、当時はアムステルダム市長の邸宅でした。現在はバッグとお財布の博物館として公開されています。バッグ・ミュージアムは、アンティーク・ディーラーを営んでいたヘンドリーケ・イヴォさんのコレクションを元に始まりました。… 続きを読む



アムステルダム郊外の風車村ザーンセスカンス

[2017/01/07] テメル華代

アムステルダムの北15kmにある、オランダでも有数の風車村ザーンセスカンス。ザーン川の畔に風車が立ち並び、牧歌的な風景が広がっています。ザーン地方の伝統的な木造家屋も保存され、なかには民家として使用されているものも。村全体が野外博物館になっていて、そこかしこに雑貨店やカフェ、工房や土産物店などがあり、一日中散策しても楽しみが尽きません。アムステルダム中央駅から電車で18分、バスで40分というアクセスの良さも魅力です。2015年には190万人を超える訪問者で賑わいました。 続きを読む



デザイナー経営のハイセンスなアムステルダムのセレクトショップ

[2015/05/28] ミツフィ

オランダの首都アムステルダムは、世界遺産にも認定された運河の由緒ある風景を楽しむと同時に、ハイセンスなデザイン雑貨のお買い物が楽しい街でもあります。何気ない路地や運河間を繋ぐストリートで、隠れ家的なこだわりのお店を発見するのもアムステルダム探検のポイントです。アムステルダムの西方にあるセレクトショップ「レアバード(Rare Bird)」も、そんなアムステルダムらしいお店のうちの一つでしょう。 続きを読む



オランダ最大のアートマーケット。ホールン・アートマーケット

[2012/08/16] ミツフィ

オランダ人は衣食住で何に重きを置くかと言うと、「住」かもしれません。自転車に頻繁に乗るから衣はジーパンで充分。食は夜だけ暖かいものを食べて、あとはチーズのサンドイッチで充分。しかし住にはこだわり、ホームパーティーをよく開きます。その上オランダの習慣で部屋のカーテンは閉めないため、部屋が外から丸見え。人様に見られても恥ずかしいことをしていない、という精神の表れだそうです。外から室内が見えるため自然とインテリアが重要なポジションを占めることになります。 続きを読む



再開発エリアのスノッブなデザイン・ショップ、Design020

[2011/10/30] ミツフィ

アムステルダムの駅を挟み中心街とは反対側のエリアを訪ねる方は、多分デザイン・センスの鋭い方かもしれません。このエリアは、再開発エリアとして斬新なデザイン建築の立ち並ぶ地域です。その中のうちの一つ「アイブルグ(Ijburg)」はアムステルダムの住宅難解消のために宅地用に開発された人工島。実はこれらの地域は住宅地だけでなく、センスの光るショップが隠れ家的に存在するエリアなのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アムステルダム、雑貨」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。