「アムステルダム、雑貨、ショッピング」に関連する現地ガイド記事

「アムステルダム、雑貨、ショッピング」に関連する現地ガイド記事

アムステルダム、雑貨、ショッピングに関する現地ガイド記事を集めました。アムステルダム、雑貨、ショッピングの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アムステルダムのアンティークマーケットで掘り出し物を探す!

[2017/10/27] テメル華代

アムステルダムはオランダでも有数のマーケットの街です。新鮮な食材や日用品がそろうアルバートカイプマルクト(Albert Cuypmarkt)や、東区のダッペルマルクト(Dappermarkt)、西区のテン・カーテマルクト(Ten Katemarkt)は地元の人々には欠かせないショッピングスポットです。アムステルダムのマーケットの歴史は、1783年にユダヤ人地区で始まったマーケットに遡り、現在では市内30箇所以上でマーケットが開かれています。花、アート、オーガニックフード、古本や古切手など、マーケ… 続きを読む



アムステルダム郊外の風車村ザーンセスカンス

[2017/01/07] テメル華代

アムステルダムの北15kmにある、オランダでも有数の風車村ザーンセスカンス。ザーン川の畔に風車が立ち並び、牧歌的な風景が広がっています。ザーン地方の伝統的な木造家屋も保存され、なかには民家として使用されているものも。村全体が野外博物館になっていて、そこかしこに雑貨店やカフェ、工房や土産物店などがあり、一日中散策しても楽しみが尽きません。アムステルダム中央駅から電車で18分、バスで40分というアクセスの良さも魅力です。2015年には190万人を超える訪問者で賑わいました。 続きを読む



再開発エリアのスノッブなデザイン・ショップ、Design020

[2011/10/30] ミツフィ

アムステルダムの駅を挟み中心街とは反対側のエリアを訪ねる方は、多分デザイン・センスの鋭い方かもしれません。このエリアは、再開発エリアとして斬新なデザイン建築の立ち並ぶ地域です。その中のうちの一つ「アイブルグ(Ijburg)」はアムステルダムの住宅難解消のために宅地用に開発された人工島。実はこれらの地域は住宅地だけでなく、センスの光るショップが隠れ家的に存在するエリアなのです。 続きを読む



カフェ雑貨と上質のコーヒーの味わえる「DOUWE EGBERTS」

[2008/10/28] ミツフィ

よくオランダを旅した人から聞くのは「スタバを見かけない」という感想です。え?どうして?あの有名なスタバがあまりオランダにないの?とお思いになる方。答えは簡単です。オランダ人はコーヒーが大好き。コーヒー大国オランダでは、いつでもどこでもおいしいコーヒーが安く飲めてしまうので、チェーン店が不要なのです。マックのコーヒーでさえ美味しいのですから。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アムステルダム、雑貨、ショッピング」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。