「アメリカ、車、博物館」に関連する現地ガイド記事

「アメリカ、車、博物館」に関連する現地ガイド記事

アメリカ、車、博物館に関する現地ガイド記事を集めました。アメリカ、車、博物館の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

子連れでパリに来たらJardin d'Acclimatationでたっぷり一日遊ぼう

[2017/09/20] 竹内真里

子連れでパリに来たらぜひ訪れてほしいのが、jardin d'acclimatationです。パリの西側ブーローニュの森の北側に位置し、公共交通機関のメトロやバスでアクセスも簡単。なんとその歴史は1860年まで遡り、ナポレオン三世の都市計画によって造られ、現在も多くの親子連れで賑わいます。2009年6月にはアメリカ元大統領バラク・オバマ氏の子どもたちが遊びに来たことでも有名です。敷地内には定番の公園遊具や遊園地のアトラクション、文化的建造物をはじめ、さまざまな動植物が観察できるエリアもあります。広… 続きを読む



家族全員で楽しめる!「生きた」博物館で高地砂漠を体験学習

[2017/07/05] Rika Higashi

ポートランドの東側に位置するカスケード山脈を越えると、そこは年間の晴天日が300日に達する高地砂漠。美しい青空のもとアウトドアを楽しもうと、ポートランドはもとより全国から大勢の観光客が一年を通して訪れます。そのため手つかずの雄大な自然がすぐ側にありながら、ベンド、サンリバー、レドモンド、シスターズといった街の周辺には、ホテルやリゾート、レストラン、バーといった施設が充実しています。ポートランド市街地からセントラルオレゴンの中心、ベンドまでは車で約3時間半。特に雨の季節にポートランドを訪れるなら、… 続きを読む



ユニークなコレクションの博物館

[2016/06/17] 大山真理

珍しいコレクションがいっぱい展示された博物館「Ripley’s Believe It or Not in Hollywood(リップリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット・イン・ハリウッド)」。リサイクルした車のパーツで作った約3.66メートルの「トランスフォーマー」、キャンディで作ったマリリン・モンローやマイケル・ジャクソンの肖像画、最終回の台本で”描いた”女性4人組の某大ヒットドラマのキャラクター4人の肖像画など、珍しいコレクションが300以上展示。 続きを読む



生きた歴史が味わえる蒸気機関車の乗車体験

[2013/02/26] 大山真理

アメリカの生きた歴史を体験したいあなたにおすすめのスポットが「Yosemite Mountain Sugar Pine Railroad(ヨセミテマウンテン・シュガーパイン・レイルロード)」。ここでは、19世紀に使用された蒸気機関車に乗車してノスタルジックな体験ができる。オープンエアの座席に座り、シエラネバダ山脈のお膝元で、広大なサトウマツ林の景観を楽しみながら、1時間かけて観光だ。ヨセミテ公園の南ゲートから約20分なので、ヨセミテ観光のついでに一度立ち寄ってみてはいかが。 続きを読む



未来型立ち乗りスクーター、セグウェイでプラハ観光!

[2012/06/25] 有賀みかる

プラハを歩くと、ちょっと見慣れない乗り物を目にすることがあります。両輪が付いたステップに足を並べて立ち、垂直にのびたハンドルを操作して進む電動二輪立ち乗りスクーター、その名もセグウェイ。最高速度時速30kmのこの乗り物、もちろん歩くより早くいろんな場所へラクに移動できますし、坂道や石畳、砂利道やちょっとした段差もスイスイ。坂道が多くて全て徒歩だとかなり疲れるプラハ観光にはもってこいの未来型乗り物。車と同じぐらいの移動能力がありながら、どこか徒歩の感覚もある、不思議な体験がツアーで気軽に楽しめます… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アメリカ、車、博物館」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。