「アメリカ、郷土料理」に関連する現地ガイド記事

「アメリカ、郷土料理」に関連する現地ガイド記事

アメリカ、郷土料理に関する現地ガイド記事を集めました。アメリカ、郷土料理の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ボリュームいっぱい!ケベック州の伝統料理

[2015/01/10] 佐々木 まゆ

カナダ東部にあるケベック州。カナダの他の都市に比べると独自の文化を持つ個性ある都市として知られ、北アメリカの中でも最も歴史深い場所の1つ。そのため、食文化の面でも独自の郷土料理を生み出してきました。広大な土地と豊かな自然に恵まれ、四季折々の豊富な作物が収穫されるカナダ。しかし、難点は冬。カナダ東部ではマイナス10〜20℃という厳しい寒さが続きます。そんな寒さに負けない料理がケベック料理の特徴です。 続きを読む



フィレンツェ“ガルガ”の味をベースにした新感覚メニューがお目見え

[2012/03/19] 木場しのぶ

昨年6月、フィレンツェにオープンした『La cucina del Garga(ラ・クチーナ・デル・ガルガ)』。訳すと、“ガルガのキッチン”。“ガルガ”にピン!とくれば、正真正銘のフィレンツェ通。そしてイタリア料理通ですね。ガルガは、フィレンツェにあるイタリアンレストラン(トラットリア)【2007/09/14記事にて紹介】。イタリアン通にはご承知の通り、一昨年には銀座三越内に支店がオープンしましたね。そして今日ご紹介しているこちらの店は、日本流に言えば暖簾分け。ご長男がガルガを継がれて、次男のアレ… 続きを読む



アメリカ南部の郷土料理”ケイジャン料理”をニューヨークで味わう

[2010/11/05] ゆずれもん

アメリカ合衆国の南部、ルイジアナ州ニューオリンズの郷土料理「ケイジャン料理」をニューヨークで食べてみませんか。ちょっぴり辛い「ガンボ」と呼ばれるスープをはじめ、どのお料理もスパイスが効いているのが特長です。ケイジャン料理の成り立ちは、18世紀ごろフランスの植民地だったルイジアナに入植したフランス人農民が、故郷フランスの料理を作ろうとしたけれど食材が手に入らず、その地に有るもので工夫したことが始まりです。高価なハーブの代わりにスパイスを、具材にはザリガニやアリゲーター等も使われます。 続きを読む



毎年、新築の“Icehotel(アイスホテル)”へようこそ!

[2008/01/21] 田中ティナ

北極圏の境界線から、さらに北へ200キロほど行ったJukkajarvi(ユッカスヤルヴィ)に、毎冬建築される「アイスホテル」。スタッフは11月になると、澄みきったTorne(トルネ)川が生み出す、透明な氷を四角形に切り取り、それを積み上げて建築する。氷と雪でつくった建物は、春になると融けて自然に戻っていく。一冬だけの夢空間だ。建築に必要な氷は、気温がマイナス10度前後のときが最高品質だという。素人目には、寒ければ寒いほど良い氷ができるような気がするのだが、マイナス10度以下になると冷えすぎて、氷… 続きを読む



アートがミックスした空間で、アートなフィレンツェ料理をいかが?

[2007/09/14] 木場しのぶ

「Buona sera(ブォナセーラ/今晩は)」とドアを開ければ、まずはそこで立ち止まるのが普通。たとえ噂には聞いていたとしても、「スゴイ!」と目が大きく見開くはず。正面も右も左もどちらを向いても、壁一面に絵・絵、そして絵。上を見上げれば、アーチ状の天井に描かれた裸体が、それ自体がオブジェクトでもあるフロアランプに照らされて妖艶に舞っているのです。隣の部屋との境には女性の上半身の彫像が2体。それぞれが独自の存在感を誇示しているにもかかわらず、不思議にもすべてがしっくりとまとまっている蠱惑的な空間… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アメリカ、郷土料理」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。