「アメリ、舞台」に関連する現地ガイド記事

「アメリ、舞台」に関連する現地ガイド記事

アメリ、舞台に関する現地ガイド記事を集めました。アメリ、舞台の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

映画の舞台【RONIN】――ここで始まり、ここで締めくくられる、パリ下町のバー

[2008/06/17] 大塚ばつ丸

冷戦が終わって仕事を失った米ソはじめ各国の情報部員たちが謎の雇い主によって集められ中身のわからないブリーフケースを奪い取るというミッションに取り組む。途中で登場する老人が日本には「ローニン」と呼ばれるサムライ達がいて……という話を聞かせる。主を失ったサムライたち。主人公たちの境遇とも重なるこの映画のタイトルはそこから来ている。銃器、車の運転、電子工学などのスペシャリストたちの中で中心になるのはアメリカのロバート・デ・ニーロとフランスのジャン・レノ。裏切り者が続出して混沌とするストーリーの中で、こ… 続きを読む



映画の舞台【スウィート・ノベンバー】ビクトリア調の街並みを楽しむ

[2007/10/31] 大塚ばつ丸

キアヌ・リーブスが主演した映画「スウィート・ノベンバー」は仕事しか頭にない広告代理店の社員ネルソン(キアヌ・リーブス)が謎めいた女性サラ(シャーリーズ・セロン)に「私の11月の恋人になってみない」と誘われるところから始まるひと月だけのサッド・ラブ・ストーリー。サンフランシスコが舞台になっているが、映画の中心になるのは市の中心部からはるかに離れた南東部の住宅地区。ここに主人公たちは住んでいる。この「スウィート・ノベンバー」も「アメリ」「ユー・ガット・メール」などと同じ地域密着型映画のひとつかもしれ… 続きを読む



映画の舞台【ノッティング・ヒルの恋人】 ――地域密着型映画の魅力

[2007/10/02] 大塚ばつ丸

ジュリア・ロバーツとヒュー・グラントのコンビで大ヒットしたラブ・コメディ。この映画の舞台になったのは主人公ヒュー・グラントが旅行書専門の本屋を経営しているロンドン北西部のノッティング・ヒル、ポートベロ・ロード周辺。この作品は「アメリ」「ユー・ガット・メール」などと並んで、映画が実在の地区を舞台に展開する地域密着型映画の一本と言える。 続きを読む



映画の舞台【アメリ】 ――飾らないパリを楽しもう

[2007/08/08] 大塚ばつ丸

フランス映画「アメリ」は日本で単館ロードショーの観客動員記録を作り、主演のオドレイ・トトゥを一躍スターにした。映画ファンの人気アンケートでもいつも上位に登場する。「アメリ」はパリの中でも、サクレクール寺院があることで有名なモンマルトル地区を中心に撮影が行なわれていて、映画に出てきた多くの店が実在する。最も有名なロケ地はアメリがウェイトレスとして働いている「カフェ・ド・ムーラン」という店。観光名所として有名なキャバレー、ムーラン・ルージュから北へわずか1ブロックのところにある。カウンター、タバコ売… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アメリ、舞台」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。