「アルカトラズ、映画」に関連する現地ガイド記事

「アルカトラズ、映画」に関連する現地ガイド記事

アルカトラズ、映画に関する現地ガイド記事を集めました。アルカトラズ、映画の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

子連れも楽しい!サンフランシスコのおすすめスポット

[2013/11/19] りんみゆき

サンフランシスコ名物といえばフィッシャーマンズ・ワーフのサワードウの器に入ったクラムチャウダー。昔はチョコレート工場があったギラデリスクエアからピア35までのウォーターフロントにはいろんなクラムチャウダーのお店が!その中でも有名なのは1849年創業の歴史あるボウディンベーカリー。酸味のきいたサワードウブレッドの老舗で、ミュージアムやカフェも隣接。ピア39にいる野生のアシカにもぜひ会いに行きましょう!水族館やメリーゴーランドをはじめレストランやショップなど全部で110店舗ある巨大施設。 続きを読む



映画の舞台「ブリット」−坂の街サンフランシスコ

[2009/09/01] 大塚ばつ丸

スティーブ・マックィーンの代表作のひとつ「ブリット」 は1968年のアメリカ映画。サンフランシスコ市警のブリット刑事がフォードのスポーツカー、マスタングに乗って犯人を追う。この映画の見どころのひとつはサンフランシスコの坂道を生かしたカー・チェイスにある。これは映画史上画期的なもので、後の映画のカー・アクションに大きな影響を与えている。「ブリット」で車が宙を飛ぶシーンは特殊撮影によるものではないし、スタントマンでなければできない芸当でもない。坂の多いサンフランシスコは傾斜した道だらけ。ちょっとスピ… 続きを読む



映画の舞台【ダーティ・ハリー3】―コイト・タワー、サンフランシスコ

[2009/04/27] 大塚ばつ丸

クリント・イーストウッドは「グラン・トリノ」を最後に映画出演をやめ、これからは監督業に専念すると宣言した。彼の代表作のひとつ、ダーティ・ハリー・シリーズは5作目まである。その中でも1976年の「ダーティ・ハリー3」はハリー・キャラハンらしさがよく出ているとファンの評価が高い。この映画のポイントは新米女性刑事とのコンビネーション。サンフランシスコが舞台だけにアルカトラズ島なども出てくるが、そのケイト刑事と話をする場面で登場するのが「コイト・タワー」。 続きを読む



映画の舞台【ミセス・ダウト】―ビクトリア調の美しい家並みを眺め歩く旅

[2009/02/20] 大塚ばつ丸

「ミセス・ダウト」は芸達者ロビン・ウィリアムスの女装が見どころのコメディ映画。2年後に5代目の007を演じることになるピアース・ブロスナンの姿を見ることもできる。ロビン・ウィリアムスは声優をやっている中年男。妻と離婚し、裁判の結果子どもの養育権は妻に取られて、子どもたちに会えるのも週1回と決められてしまう。子ぼんのうなロビン・ウィリアムスはイギリス人の家政婦に変装して面接を突破し、元妻の家に入り込むことにまんまと成功する。子どもはすぐ正体に気付くものの、パパの気持ちを理解してそれを自分たちだけの… 続きを読む



映画の舞台【スウィート・ノベンバー】ビクトリア調の街並みを楽しむ

[2007/10/31] 大塚ばつ丸

キアヌ・リーブスが主演した映画「スウィート・ノベンバー」は仕事しか頭にない広告代理店の社員ネルソン(キアヌ・リーブス)が謎めいた女性サラ(シャーリーズ・セロン)に「私の11月の恋人になってみない」と誘われるところから始まるひと月だけのサッド・ラブ・ストーリー。サンフランシスコが舞台になっているが、映画の中心になるのは市の中心部からはるかに離れた南東部の住宅地区。ここに主人公たちは住んでいる。この「スウィート・ノベンバー」も「アメリ」「ユー・ガット・メール」などと同じ地域密着型映画のひとつかもしれ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アルカトラズ、映画」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。