「アルタイ村」に関連する現地ガイド記事

「アルタイ村」に関連する現地ガイド記事

アルタイ村に関する現地ガイド記事を集めました。アルタイ村の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モンゴルの秘境!大自然の絶景を満喫! ホブド県ボルガン村、ウェンチ村、アルタイ村

[2008/02/27] かばおやじーにょ

ホブド県の最南東端に位置し、東はゴビアルタイ県、南端は中国ウイグル地区との国境となるアルタイ村も、前述の二村同様に北側に三千m級のアルタイ山脈、南側に大ステップ地帯と大自然を誇る地域です。物資供給の中心となる村のセンターは近年の永久凍土の溶解による地盤沈下で、現在の場所から30km程北へ移動中で、三つの村の中では一番活気が劣るものの、村センターから東南の日食直下地点は、ガゼル、野生ロバ、野生馬タヒなどが棲息する広々とした地域。地平線を走る野生動物を見ながら天空イベントを待つのは格別でしょう。 続きを読む



年間250日晴れると云われるモンゴルで皆既日食を観測しよう!

[2008/02/19] かばおやじーにょ

モンゴル科学アカデミー機関が発表した皆既日食情報によると、バヤンウルギー県の北西から順に、中央線から約54kmのツァガーンノール村は18時57分がピーク。同様に約33kmサクサイ村は18時58分。約15kmウルギー県アルタイ村は18時59分。約12kmウルギー県ボルガン村は19時02分。ホブド県では約58kmホブドセンターが19時。約45kmムンフハイルハン村は19時02分。ほぼ直下のステップ地帯が観測ポイントとなるホブド県ボルガン村、ウェンチ村、アルタイ村は19時04分がピーク時間であると案内… 続きを読む



モンゴル野生馬、プレジュバウスキー馬「タヒ」に会う

[2007/11/19] かばおやじーにょ

その真の野生馬とも云えるプレジュバウスキー馬をモンゴル人は「タヒ」と呼びます。今では手厚い保護の下、中央県ホスタイ保護区に約150頭、ホブド県アルタイ村に相当数棲息するようになりました。色は薄茶で短いタテガミ、足にはクモの巣のような紋様があります。4頭から多い場合は20頭の雄を中心としたハーレムをつくり行動しますが、アズラガと呼ばれる雄は気性が荒く、他の群れと遭遇すると、即タイマン力勝負が始まります。カカーンと蹄と蹄がぶつかり鳴響く凄まじい場面に身震いする野生を感じずには居られません。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アルタイ村」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。