「アンティーク」に関連する現地ガイド記事

「アンティーク」に関連する現地ガイド記事

アンティークに関する現地ガイド記事を集めました。アンティークの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アクロポリスの丘の麓にある、思い出深きホテル・ヘラ

[2019/08/14] オキシマ・ヒロミ

客室は10室。全ての部屋にギリシャ神話に登場する神々の名前が付けられている。ゼウス、ヘラ、アテナ、アフロディティ、アポロ、ポセイドンなど、馴染みの名前ばかり。それぞれの部屋に羊皮紙に描かれた、部屋の名前の神が、額にはめられて飾られている。羊皮紙はベルガマで誕生したものだ。古代都市ペルガモンは蔵書の数をアレキサンドリアと競ったほど文化が高く、パピルスに代わるものとして羊皮紙が開発された。羊皮紙は今日ベルガマの名産品になっている。各部屋にはアンティーク調の家具が設置されており、そこに羊皮紙を張った額… 続きを読む



オランダの古都でカジュアルにタイ・ストリートフード

[2019/04/13] ミツフィ

ユトレヒト州第二の都市アメルスフォールト。アンティークで趣深い街並み、モンドリアンの出身地、充実したショッピングストリート、そして美味しい地ビールも楽しめる魅力的な街です。その他タイ式マッサージ店が現時点でなぜか州第一の都市ユトレヒトより多いのも実にユニークな点でしょう。タイ式マッサージ店同様にタイ料理レストランも何軒かあります。中でもお勧めなのは「ザ・ストリートフードバー(The streetfood bar)」でしょう。 続きを読む



お洒落化が進む高原の町カローに、素敵ホテルが続々誕生

[2019/03/15] 板坂真季

1928年創建の、殖民政府のイギリス人判事の別荘。改装後間もないため全体に新しいが、家具はアンティークで往時の暖炉も残る。ひと部屋ごとに雰囲気が異なり、個人のお宅にお邪魔しているよう。かつての持ち主が果樹を愛でていたとかで、庭にはたくさんの年輪を重ねた果樹がはえている。なお、カローのコロニアル建築ホテルはどれも名前がとても似ているので、予約の際はご注意を。■ロイヤルカローヒルズ/Royal Kalaw Hills住所:3/4 East Circular Rd., East Bogone Word… 続きを読む



ゴールデンウィークが見頃!国定史跡の「フルダ・クラガー・ライラックガーデンズ」

[2019/03/10] Rika Higashi

「フルダ・クラガー・ライラックガーデンズ」を訪れたら、庭園に加えて、フルダさんが暮らした1880年代のビクトリア様式のファームハウスも忘れずに見学してください。歴史あるファームハウス内では、美しいアンティーク家具や家族写真などから、当時の様子やクラガー家の生活を偲ぶことができます。特に「ライラック・デイズ」開催期間中は、家の雰囲気にマッチしたキルトやライラックの花が飾られ、とても華やかでしたよ。 続きを読む



世界のセレブも来店!サンティアゴで一番古い歴史ある帽子屋さん

[2019/03/08] 鰐部マリエ

そんな帽子屋には、なんと2万個以上もの帽子があり、種類も様々でした。カウボーイハット、中折れ帽、ベレー帽、パナマ帽、カンカン帽、女優帽など数多くの帽子が20世紀のサンティアゴを彷彿させるような天井の高いアンティークな店内で売られていました。この帽子屋は有名人も多く訪れ、歴代の大統領や政治家、アーティスト、女優など国内外の著名人の頭をデコレーションしてきました。最近ではスーパーモデルの「ケイト・モス」もチリに来た際に来店して帽子を購入して帰ったそうです。著名人も訪れるサンティアゴ旧市街にある帽子屋… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アンティーク」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。