「アンティーク」に関連する現地ガイド記事

「アンティーク」に関連する現地ガイド記事

アンティークに関する現地ガイド記事を集めました。アンティークの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

迷宮都市フェズで迷って発見

[2018/06/24] りんみゆき

モロッコでおすすめなのはリアドでの滞在。リアドとは中庭のある邸宅を宿泊施設にしたもので、フェズやマラケッシュに多くあるモロッコスタイルの宿ですき。Riad Lune et Solielはバーサ地区にあり、メディナまでは徒歩10分。全6室のこじんまりとした素敵なリアドです。オーナーの趣味で室内にはモロッコのアンティークがいっぱい。中庭の飾り物やクッションにもこだわりがうかがえます。ボリュームのあるモロッコ朝食は噴水のある中庭で小鳥のさえずりを聞きながらゆっくりといただき、朝から優雅な気分。昼と夜も… 続きを読む



中世の城砦と19世紀の欧州屈指の観測所。ゾンネブルグ

[2018/06/23] ミツフィ

ユニークなコレクションでは、オランダ国内で発見、収集された5つの隕石のうちの一つがこのゾンネブルグで展示されています。学術的な内容が苦手な方にも、ゾンネブルグは一見の価値がある施設です。19世紀の各種の研究機器やアストロジー時計などはアンティークでノスタルジックな美しさを湛えています。特に図書室はハリーポッターの魔法学校のような雰囲気です。豊かな自然に囲まれた小高い城砦の上にあるゾンネブルグ。歴史あるユニークな展示を楽しむと共にリラックスもできるお勧めの博物館です。 続きを読む



ブダペストの週末はゴズドゥー・ウドゥヴァルの蚤の市へ

[2018/06/21] Hiromi

蚤の市といえども新品も売られており、手作りのアクセサリーが多い。タペストリーやテーブルセンター、ランチョンマットなどはレースや刺繍のバージョンもある。蚤の市らしく古い“ガラクタ”を集めたような屋台もある。錆びついた鉄製の大きなアイロン。使うことはないだろうし飾り物にしてもイマイチな気がするが、出品者には自慢のアンティークだ。スカーフやペンダントなど、女性向けの小物類はよく売れている。つられて覗いてみると、確かに可愛いアクセサリーが色々ある。これらの中には出品者が作った物もある。全て既製品だけど良… 続きを読む



ホンモノのプラナカンの館に泊まる! 世界遺産体験

[2018/05/05] 岩佐 史絵

そんな「プラナカン・マンション(プラナカンの豪邸)」のひとつが「チョン・ファッ・ツィマンション」。大富豪チョン・ファッ・ツィ氏の邸宅で、壁があざやかな青に塗られていることから通称「ブルー・マンション」と呼ばれています。ここは午前と午後の1回ずつ、館内の見学ツアーがあり、博物館としても楽しむことができますが、おすすめはやっぱり宿泊。なにしろツアーの開始時間以外は宿泊者しか内部に入れないという厳重警備で、それもそのはず、館内に足を踏み入れたら、そこはもう別世界! アンティークに囲まれ、美しいタイルや… 続きを読む



創業1861年の老舗でオランダ名物を!ダンゲルマン

[2018/03/05] ミツフィ

オランダの政治の中心デンハーグ。デンハーグの街は意外と広く名所も多数。注目のニューオープンのショップも魅力的ですが、昔から地元の人々に親しまれているお店は旅行者の皆さんには興味深々でしょう。旧市街のホーフト通り(Hoogstraat)を歩くと、規模はそれほど大きくなくても風格のある店舗が見えてきます。アンティークなファサードから一見レトロなカフェにも見えますが、実はこのお店は「ダンゲルマン」というお肉屋さん。しかも創業は1861年という、デン・ハーグを代表する老舗なのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アンティーク」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。