「アンネの日記」に関連する現地ガイド記事

「アンネの日記」に関連する現地ガイド記事

アンネの日記に関する現地ガイド記事を集めました。アンネの日記の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オランダのユダヤ社会の歴史を知る。ユダヤ歴史博物館

[2016/07/20] ミツフィ

世界大戦下でナチス・ドイツがオランダを占領します。オランダのユダヤ社会の環境は激変しました。ユダヤ人達は財産や住居を没収され、強制収容所へと送られました。「アンネの日記」を読んだ方なら既にご存知だと思います。大戦前に14万人ほどだったオランダのユダヤ人口は、ホロコーストにより戦後は3万人位にまで減少したと言われています。民主主義の現代では、ヨプ・コーヘン前アムステルダム市長などの人材も輩出しています。しかし現在のオランダのユダヤ人人口で、戦前やそれ以前から続く血統のオランダ系ユダヤ人は僅かだそう… 続きを読む



運河の街アムステルダムでミュージアム巡り

[2016/01/03] りんみゆき

第二次世界大戦中ナチスから隠れるためにお父さんであるオットー・フランク氏の会社の裏部分でアンネが13歳から15歳の間暮らした建物が博物館になっています。当時8人がここで生活をしていましたが、その中で唯一生き残ったお父さんがここでの生活が書かれている「アンネの日記」を1960年に出版することにしました。いつも長い列ができていますが、オンライン予約をしておくと専用の入り口から入ることができます。http://www.annefrank.org/en/Sitewide/Languages/Japane… 続きを読む



アンネの日記の舞台、アンネ・フランク・ハウス(Anne Frankhuis)

[2008/11/05] ミツフィ

1944年隠れ家はゲシュタポ(秘密警察)に発見され、住人たちはアウシュヴィッツへ送られてしまうのです。戦後隠れ家の住人たちの中で生き延びたのは、アンネの父オットーだけでした。オットーは1960年にこの隠れ家を改築し「アンネ・フランク・ハウス」として開館。現在では世界中から年間約100万人が訪れるアンネの隠れ家は、オランダ屈指の観光名所となっています。隠れ家への入口を隠した有名な回転式の本棚や、「アンネの日記」が書かれた屋根裏部屋も見ることが出来、アンネの日記の世界が私たちの胸に伝わってきます。ま… 続きを読む



「アンネの日記」縁の地――ウェステルボルク通過収容所

[2007/09/27] ミツフィ

アムステルダムのアンネ・フランク・ハウスは、世界中から観光客が訪れる有名スポットです。御存知の通りここは「アンネの日記」で有名な、アンネ・フランクとその一家が、約2年間ナチスの目を逃れて潜伏生活を送っていた隠れ家でした。1944年8月4日、アンネを含む隠れ家の住人達、およびオランダ人協力者達は、何者かの密告で秘密警察により逮捕されます。そして8月8日、隠れ家の住人たちはアムステルダム市内の拘置所から、オランダ最大の通過収容所へと移送されます。それが今回紹介するウェステルボルク通過収容所です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アンネの日記」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。