「アールデコ」に関連する現地ガイド記事

「アールデコ」に関連する現地ガイド記事

アールデコに関する現地ガイド記事を集めました。アールデコの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

学者や文士たちが集ったプラハの老舗カフェ・ルーヴル

[2018/08/19] 岸 博美

ヴァーツラフ広場の北端から国立博物館を背に左へ28rijna通りを歩いて行くと道は途中からナーロドニー通りと名を変える。左手のNarodni 22番の館が目指すカフェ・ルーヴルだ。ナーロドニー通りはかつて市壁があった場所。市壁跡地はヴルタヴァ川から半円を描いてNarodni, 28 rijna, Na Prikope, Revolucni、と道の名を変えながら再びヴルタヴァ川へ到達する。プラハは早い時期から市壁が建設されていたが14世紀半ばに高さも幅も補強され堅固になった。19世紀半ば、その堅固… 続きを読む



ロサンゼルス郊外のサーフタウン「ベンチュラ」とパワースポット「オーハイ」

[2017/10/20] 古関千恵子

硬派なベンチュラはライフスタイルにも、どこか地に足の付いた、堅実さを感じます。目抜き通りのカリフォルニア・ストリートと、メイン・ストリートには、「ターゲット」や「Kマート」のような大型ショッピングモールやファストフード店がありません。1904年建造の堅牢な石造りの銀行やアールデコ調の映画館、ポップなダイナーなどが軒を連ね、スリフトショップ(古着や古道具の店)が多いことに気付きます。不要になったものをポイッと捨てずに、必要としている誰かへ…という感覚なのでしょうか。古道具の店には、なつかしい玩具な… 続きを読む



古き良き時代を彷彿させるブダペストのホテル・アストリア

[2016/08/02] Hiromi

ブダペストの左岸、ペスト側には小環状道路があり、その外側には更に大環状道路がある。環状と言ってもドナウ川に面して半円を描くような大通りなのだが、大環状道路の内側がブダペストの中心部で、観光のおもな見どころは殆どこの範囲内にある。2つの環状道路を突き抜けて3本の大通りが走っており、1つは西ヨーロッパからの国際列車発着所である東駅に、1つはブダペストきっての目抜き通りであるアンドラーシ通り、もう1つは国内線発着駅の西駅に通じている。3本の大通りの下には地下鉄が走っているという便利さ。19世紀後半に建… 続きを読む



高級ホテル「ブリストル」内のBristol Loungeで優雅なひと時を

[2016/04/23] バレンタ愛

ウィーンを代表する5つ星ホテルの1つ「ブリストル」。そのサービスと立地の良さで世界中のエクゼクティブにも愛されているホテルです。ホテル内のレストラン「Bristol Lounge」は近年改装され高級感漂うアールデコ調になりました。また通りに面してウィンターガーデンも設置され、全面ガラス張りの開放的な空間も備えています。クラシックな雰囲気だけではなく、レストランではWifiも完備、嬉しいサービスを備えているのはさすがです。 続きを読む



壮麗なアールデコ建築とモンドリアン。デン・ハーグ市立美術館

[2016/01/17] ミツフィ

オランダの主要都市デン・ハーグはオランダ行政の中心であると同時に、日本人に人気の「真珠の耳飾りの少女」を収蔵するマウリッツハイスなど、美術館も多いアーティスティックな街です。デン・ハーグ市内の美術館のうちの一つ「デン・ハーグ市立美術館」も、オランダを代表する近代美術館。博物館は壮麗なアール・デコ建築で、オランダを代表する建築家ベルラーヘにより設計され、1935年5月にオープンしました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アールデコ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。