「イギリス、お土産」に関連する現地ガイド記事

「イギリス、お土産」に関連する現地ガイド記事

イギリス、お土産に関する現地ガイド記事を集めました。イギリス、お土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

17世紀オランダ発祥のお酒「イェネーファ」

[2017/09/07] テメル華代

オランダのアルコールといえばハイネケンやグロールシュなどのビールが有名ですが、オランダ産オーガニックワインや王室御用達のオレンジビターズ、老舗レストランの自家製リキュールなど隠れた銘酒もあります。なかでもぜひ味わっていただきたいのは、ジンの起源になったイェネーファ(jenever)です。オランダが海上帝国として名を馳せた17世紀に、もともとは熱帯性熱病の薬として開発され、船乗りや植民地で働く人々に薬用酒として普及しました。やがてその爽やかな味わいが人気を博し、嗜好品として愛飲されるようになったの… 続きを読む



夏休みは清涼なブルターニュ、ロスコフに行ってみよう

[2017/09/03] 竹内真里

フランス人が毎年楽しみにしている夏の長期休暇。学校によるものの、だいたい6月半ばから7月初旬に終業し、9月から新年度が始まるのですが、5月にもなると「夏休みはどこに行くの? 何する予定?」と会話に出てきます。バカンスの計画を練るのは得意中の得意で決断・行動も早いです。子どもが低学年のうちは登校日が残っていても早めに切り上げ、さっさとバカンスに突入してしまう家庭もあります。特に8月のパリはぐっと人が減り、ガランとして静かです。行き先は国内外さまざまですが、パリジャンは地中海の青い海と灼熱の太陽を求… 続きを読む



ナショナルトラスト管理のマナーハウスで英国庭園を愛で、アフタヌーンティーを頂く優雅な休日

[2017/08/15] マチルダ

英国では、寒い冬が明け、春や夏になると、太陽の光を求め、ピクニック、ドライブやハイキングに出かける人達をあちらこちらで見かけます。私もその一人で、天気の良い日には、車を飛ばし色々なところへ出かけます。そんな時、役に立つのがナショナルトラスト会員証です。英国のいたるところに点在したガーデンや自然、建物を保存、運営している団体がナショナルトラストです。年間パスは、約65ポンド程で、1年間無料で、団体の管理する施設の入場が無料の他、イベント等の冊子がもらえます。例えば、日本でも名の知れたハイドコートマ… 続きを読む



イギリスの初夏を満喫!素敵なラベンダー畑に行ってみよう

[2017/04/18] ディキンソン恵子

ロンドンから少し北、ハートフォードシャー州にあるヒッチン・ラベンダーは、期間限定でオープンするラベンダー畑の農場です。イングランドの田舎のラベンダーが延々と続く景観、そしてラベンダーのいい香りに囲まれているだけで癒される空間です。ここで栽培されているのは、約20エーカーあるというラベンダー畑の他、約60種のラベンダーを紹介している小規模なディスプレイ・エリア、そして時期によっては、イギリスの野草やヒマワリも見ることができます。 続きを読む



子どもと楽しむロンドン

[2017/04/02] りんみゆき

ロンドンには博物館やミュージカルなど大人が満喫できるところはありますが、子どもだって楽しめるスポットはたくさんあります。ハリー・ポッター好きの子どもなら誰もが知っている、ホグワーツ魔法学校へとつながるプラットホーム9 3/4の壁。実際にはキングスクロス駅の改札口に入る手前の右側にあります。そのあたりに行くと長蛇の列ができているので、すぐにわかるはず。撮影スポットの壁では各ハウスのマフラーや魔法のつえなども貸してくれるので、ハリーポッターの世界にひたりながら記念写真をパシャリ。カメラマンに撮っても… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イギリス、お土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。