「イギリス、お土産」に関連する現地ガイド記事

「イギリス、お土産」に関連する現地ガイド記事

イギリス、お土産に関する現地ガイド記事を集めました。イギリス、お土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

イギリスの初夏を満喫!素敵なラベンダー畑に行ってみよう

[2017/04/18] ディキンソン恵子

ロンドンから少し北、ハートフォードシャー州にあるヒッチン・ラベンダーは、期間限定でオープンするラベンダー畑の農場です。イングランドの田舎のラベンダーが延々と続く景観、そしてラベンダーのいい香りに囲まれているだけで癒される空間です。ここで栽培されているのは、約20エーカーあるというラベンダー畑の他、約60種のラベンダーを紹介している小規模なディスプレイ・エリア、そして時期によっては、イギリスの野草やヒマワリも見ることができます。 続きを読む



子どもと楽しむロンドン

[2017/04/02] りんみゆき

ロンドンには博物館やミュージカルなど大人が満喫できるところはありますが、子どもだって楽しめるスポットはたくさんあります。ハリー・ポッター好きの子どもなら誰もが知っている、ホグワーツ魔法学校へとつながるプラットホーム9 3/4の壁。実際にはキングスクロス駅の改札口に入る手前の右側にあります。そのあたりに行くと長蛇の列ができているので、すぐにわかるはず。撮影スポットの壁では各ハウスのマフラーや魔法のつえなども貸してくれるので、ハリーポッターの世界にひたりながら記念写真をパシャリ。カメラマンに撮っても… 続きを読む



台湾農林の【お洒落すぎるお茶工場〜大渓老茶廠】へ台北からショートトリップ!

[2017/01/04] 中園 まりえ

2010年にオープンした【大渓老茶廠】は、古い建物がスタイリッシュにリノベーションされた建物。そこには、日本に深く関わる歴史がありました。1899年日本統治時代、三井合名会社が大渓に茶畑を開拓。1926年に作られた角板山工場がここ【大渓老茶廠】前身です。初期は烏龍茶と包種茶を生産しますが、海外からの需要に応え、「合名茶」という紅茶を最盛期には年間約600トンも作るようになります。それが日本で最も歴史ある紅茶ブランド【日東紅茶】の始まりともなります。1945年日本統治が終わると同時に三井合名会社が… 続きを読む



ファン必見!ジェーン・オースティンが晩年を過ごした家を訪ねてみよう

[2016/07/17] ディキンソン恵子

「高慢と偏見」、「エマ」などの作品だけでなく、作家自身も題材に映画化されているほど人気のある、イギリスの小説家ジェーン・オースティン。イギリスでは、2017年から彼女の肖像画が10ポンド札にも登場する予定で、イギリス文学の偉大な作家の1人として認められています。そんなジェーン・オースティンが晩年8年間を過ごしたのが、ハンプシャー州ウィンチェスターから約26kmにあるチョウトン村です。この小さな村での生活が、オースティン氏の小説家としての才能に花を開かせたのです。 続きを読む



長い歴史を持つジン蒸溜所、イギリス海軍御用達のプリマス・ジンで乾杯!

[2016/04/18] ディキンソン恵子

007ジェームズ・ボンドが愛飲するマティーニのベースとして使われるジン。蒸留酒ジンはマティーニだけでなく、王族から庶民まで階級に関わらず支持されるカクテル、ジン・アンド・トニックなどにも欠かせないお酒です。ジンはスッキリとした味わいで味覚を損なわせることもないので、食前酒にもピッタリ。イギリスで機会があったら、ぜひジンにもトライしてみてください。ジンはロンドンをはじめとしてイギリス各地で作られていますが、イングランドで現存する最古の蒸留酒製造所はプリマスにあります。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イギリス、お土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。