「イギリス、テートモダン」に関連する現地ガイド記事

「イギリス、テートモダン」に関連する現地ガイド記事

イギリス、テートモダンに関する現地ガイド記事を集めました。イギリス、テートモダンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オリジナルのアートを手に入れるチャンス!テムズ河のすぐ側にあるバンクサイド・ギャラリー

[2010/05/17] ディキンソン恵子

テムズ河のすぐ側、そして現代美術館テート・モダンの隣にある小さなギャラリー、バンクサイド・ギャラリー。ロイヤル・ウォーターカラー・ソサエティ(王立水彩画家協会)と、ロイヤル・ソサエティ・オブ・ペインター・プリントメイカーズ(王立油彩画・版画家協会)のギャラリーで、ここで展示されているもののほとんどの作品が販売されているので、オリジナルのアートをリーズナブルなお値段で手に入れることができます。 続きを読む



ロンドンのユニークな建物に潜入…オープン・ハウス・ロンドン!

[2008/07/25] ディキンソン恵子

ロンドンで毎年9月に行なわれるイベント、Open House London(オープン・ハウス・ロンドン)は「建築文化の啓蒙活動」の一環。いつもは非公開であったり有料であったりする建物に、無料で入場できるイベントで、2008年は9月20日(土)、21日(日)の2日間にわたって行なわれます。開放されるのはなんと600カ所以上で、歴史的建造物、有名建築家のデザインのビル、個人の家など、その規模や種類も様々。あなたも気になる建物に潜入してみよう! 続きを読む



ミレニアム・ブリッジからタイム・トリップ! ロンドンの過去と現在を結ぶ橋

[2007/12/25] ディキンソン恵子

1894年のTower Bridge(タワー・ブリッジ)以来、テムズ河に架かる橋としては約1世紀ぶりの新しい橋、ミレニアム・ブリッジ。ロンドンっ子の間では「Wobbly Bridge(ウォブリー・ブリッジ)ユレユレ橋」の愛称で知られている理由は、いざ2000年6月に完成・開通した途端に横揺れが酷く即閉鎖…となってしまったからです。揺れを止める修復作業が行われ、再び開通されたのは2002年2月。それ以来バンクサイドにあるテート・モダンと、シティにあるセント・ポール大聖堂を繋げる橋として市民や観光客… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イギリス、テートモダン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。