「イギリス、建物」に関連する現地ガイド記事

「イギリス、建物」に関連する現地ガイド記事

イギリス、建物に関する現地ガイド記事を集めました。イギリス、建物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

洗練されたインド料理を食べたいならここへ!ウェストミンスター寺院の近くにあるシナモン・クラブ

[2018/06/27] ディキンソン恵子

ビッグ・ベン(エリザベス・タワー)、ウェストミンスター寺院や国会議事堂などの集まるウェストミンスター周辺は、政治関係者だけでなく、多くの観光客も訪れるエリアです。そんなエリアの喧騒から少し離れたところにあるのがモダンなインド料理のレストラン、シナモン・クラブ。伝統的なインド料理の味はそのまま維持しながらも、独創的なメニューを提供するレストランでとても美味しいインド料理が楽しめます。 続きを読む



世界中で展開されるこどもの国「kidzania」。サンティアゴキッザニアへ行ってみよう!

[2018/06/18] 鰐部マリエ

みなさんこんにちは。今回はチリのサンティアゴにある世界中の子供たちに大人気のテーマパーク「キッザニア(kidzania)」についてお伝えしたいと思います。キッザニアとは、ドイツ語が語源の「すてきな子供たちの国」という意味で、1999年に最初のキッザニアとしてニューメキシコがオープンして以来、日本、韓国、アメリカ、イギリス、ブラジル、エジプト、チリなど世界19カ国以上で展開されている楽しみながら職業体験や社会の仕組みを学ぶことの出来る子供の国です。 続きを読む



わずか30秒で7カ国を周遊!ヨーロッパ建築を凝縮した「7カ国の家」

[2018/04/23] テメル華代

アムステルダムの中心地、ミュージアム広場から西へ徒歩6分ほどのルーメル・フィッセル通り (Roemer Visscherstraat) では、ヨーロッパ7カ国の建築物を一度に鑑賞できます。高級住宅街にある閑静な通りの中ほどまで歩みを進めると、オランダの典型的な赤レンガ造りの建物に続いて、異国情緒あふれる7軒の家が並んでいます。各々がヨーロッパの国を代表する建築様式で建てられ、オランダ語で「7カ国の家」を意味する「Zevenlandenhuizen ゼーヴェンランデンハウゼン」と呼ばれています。 続きを読む



癒しの世界遺産、一人の侯爵が情熱を捧げたデッサウ・ヴェルリッツ庭園王国

[2018/03/12] 沖島博美

ドイツでイギリス庭園といえば、ミュンヒェンのエングリッシャーガルテンEnglischer Gartenを思い浮かべる。大都会の真ん中にありながら373haという広さに驚くが、デッサウのヴェルリッツ庭園はなんと14500haという途方もなく広大なイギリス庭園なのだ。自然の景観を生かしたイギリス庭園は18世紀に登場し、幾何学模様のフランス庭園とは異なる新しいスタイルで注目される。このイギリス庭園、もちろんイギリスが発祥地だが、ヨーロッパ大陸で初めて導入されたのが、ここ、デッサウのヴェルリッツ庭園だっ… 続きを読む



ジェーン・オースティンの世界、プリム川を見下ろすソルトラムへ行ってみよう!

[2018/01/05] ディキンソン恵子

ピルグリム・ファーザーズの一団がメイフラワー号で新大陸に向かった港、そしてイギリス海軍の軍港があることでも有名な、イングランド南西部にあるプリマス。そのプリマスの側を流れるプリム川を見下ろすソルトラムは、ナショナル・トラストが所有、運営管理していている大邸宅の1つです。プリマス中心地から5〜6kmの高台に建つ広大な敷地は、散歩やピクニックにもピッタリ。庭園はほとんどが19世紀に造園されたものですが、18世紀のオランジェリーやフォリーなどの建物も残っています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イギリス、建物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。