「イギリス、食べ物」に関連する現地ガイド記事

「イギリス、食べ物」に関連する現地ガイド記事

イギリス、食べ物に関する現地ガイド記事を集めました。イギリス、食べ物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ロンドンのクラフト・ビールを味わおう!ワイルド・カード・ブルワリー

[2017/09/02] ディキンソン恵子

ここ数年間、クラフト・ビールの人気はうなぎのぼり。クラフト・ビールのみを扱ったビールのフェスティバルも、イギリス各地で開催されているほどです。ビール醸造所はイギリス国内になんと1700以上もあるそうで、年間8%の割合でさらに増えているのだとか。そんな背景もあり、ロンドンでも原材料から厳選した小規模な醸造所が増加し、気軽にマイクロ・ブルワリーのビールを飲めるようになりました。今回ご紹介するのは、地下鉄ヴィクトリア線の北の最終駅ウォルサムストウ・セントラルの近く、住宅街の一角にある町工場団地の中にあ… 続きを読む



食と珍アイテムの宝庫! 広蔵市場で地元民と触れ合おう

[2016/12/21] 金光英実

地元の人たちと触れ合い、暮らすように旅するのが最近の旅トレンドですよね。ここ数年、「市場」が世界的な観光スポットになっています。ソウルで有名な市場といえば「南大門市場」と「東大門市場」ですが、ここ「広蔵市場」も最近は多くの外国人観光客でにぎわっています。ソウルの中心部に位置するここは、100年以上の歴史を誇る、庶民の生活に最も密着した在来市場なのです。食料品や雑貨、食器、衣類などのショッピングからローカルフードの食べ歩きまで、1日中いても飽きないでしょう。 続きを読む



ウェールズの大自然と本の町

[2016/11/29] マチルダ

イギリスは、4つの地域、イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドからなっていますが、各地域は全く異なった地形や文化、方言があります。今回は、山に囲まれたい!という願望からウェールズへ行ってきました。他の地域に比べ山岳地帯となっていて、2つの国立公園が位置します。東側は山の自然を、西側はアイルランドを眺める海を楽しむことができます。コッツウォルズから車で約2時間程のブレコンビーコンズ国立公園を中心にご紹介します。 続きを読む



産業革命の発祥の地で、ヴィクトリア朝の町ブリスツ・ヒルを散策

[2009/01/08] ディキンソン恵子

ロンドンから電車で約3時間、テルフォードの近郊を流れるセヴァーン川。その川にかかるコールブルックデール橋は、通称アイアンブリッジと呼ばれる1779年に建設された全長60メートルの世界初の鉄橋。そしてその周辺のセヴァーン峡谷は、アイアンブリッジにちなんでアイアンブリッジ峡谷と呼ばれています。アイアンブリッジ峡谷の一帯は、1986年には世界遺産に登録された文化遺産でもあり、いろいろな博物館やアトラクションが集まっているのですが、その中でも特にオススメなのがBlists Hill(ブリスツ・ヒル)です… 続きを読む



色鮮やかな“光の祭典”お祭り続きのシンガポール。ディパバリへようこそ

[2008/09/12] 葛西玲子

ランタンフェスティバルにつづき、これから年末にかけて、多民族国家らしいシンガポールの文化色があふれるお祭りやイベントが続きます。今年は、ムスリムのラマダン(断食節)の始まりは9月1日と早く、ムスリム教徒は現在断食中。10月1日がハリラヤ(お正月)です。断食といっても、食べ物を口にしないのは、日の出から日没まで。日没後は、断食を無事終えたことを祝って?屋台においしそうなご馳走がたくさん並び、まるで宴会のような風景が毎日繰り広げられます。毎年一ヶ月も断食の季節があるなんて、厳しそう!と思っていました… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イギリス、食べ物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。