「イスタンブール、陶器」に関連する現地ガイド記事

「イスタンブール、陶器」に関連する現地ガイド記事

イスタンブール、陶器に関する現地ガイド記事を集めました。イスタンブール、陶器の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オスマン時代のトルコブルーを再現したキュタフヤの工房

[2017/12/13] オキシマ・ヒロミ

トルコの陶器はその絵柄の素晴らしさでは、世界一ではないだろうか。曲線を駆使したペルシャ風の模様、幾何学模様、あるいはデフォルメされたチューリップやカーネーションの花模様、などなどパターンは限りない。トルコの陶器やタイルは最初、マルマラ海に近いイズニックで作られていた。器に適した良質の土が採れるということで、イズニックは陶器の町だった。最盛期を迎えた16世紀以降、イズニックでは材料となる土が枯渇し、次第に陶器産業は衰えていく。その代りとなったのがキュタフヤだった。ここで陶器に適した良質の土が発見さ… 続きを読む



陶器の町キュタフヤに保存されたハンガリー人の家

[2017/11/12] オキシマ・ヒロミ

キュタフヤと言えば直ぐにトルコの陶器を思い浮かべる。実に美しい絵柄だ。色彩豊かで多くの模様があり、ヨーロッパ的なパターンとは異なっている。現在、イスタンブールのバザールや土産物店で売られているトルコ的絵柄の皿やコーヒーカップの殆どがキュタフヤで生産されている。美しい割には価格も手頃。イスタンブールで既に買われた方がいるかもしれない。キュタフヤはイスタンブールとアンカラとの間にあるが、広いトルコの地図を、見ると西の端の方にある感じがする。エーゲ海からも地中海からも遠く、内陸にある古い町だ。マルマラ… 続きを読む



ますますサービスに磨きがかかってきたターキッシュエアラインズ!

[2014/12/21] 寺田直子

1933年、たった5機の飛行機のみでスタートした航空会社がターキッシュエアラインズ。以前はトルコ航空の名称だったが、現在の正式名称はターキッシュエアラインズとなっている。ここ数年、サービスの向上、路線拡大に積極的で常に斬新でエンターテイメント性の高いソフト&ハードのアップグレートを行ってきた。それらが乗客、エアライン業界から高い評価を受け、権威あるスカイトラックス社によるエアラインランキングで2014年の「欧州最高の航空会社」に選ばれ、4年連続ベストワンという偉業を成し遂げた。加えて「南欧最高の… 続きを読む


4月のイスタンブールは『国際・イスタンブール・チューリップ・フェスティバル』

[2011/04/02] 洋子・オーレテン

春のイスタンブールは、街のあちこちに可憐で優美なお花が咲き乱れ、百花繚乱。色んな色の様々なお花が、観光客をもてなします。中でも、チューリップの可愛らしさと艶やかさには、目を見張るものがありますよ。4月のイスタンブール。街の公園や広場ばかりではなく、大通りの植え込みや、ロータリーなど、色んなところでチューリップに出会えます。そう、街中がチューリップでいっぱいになるんです!それもそのはず。イスタンブールでは、毎年、4月には『国際・イスタンブール・チューリップ・フェスティバル』が開催されているんですよ… 続きを読む



企画展が面白い、アール・ヌーヴォー様式の建物が目を引く『ペラ美術館』

[2011/01/31] 洋子・オーレテン

長い歴史と、それゆえの多彩な文化を誇るイスタンブールには、博物館や美術館も様々なものがあります。オスマン帝国時代の宮殿やビザンティン帝国時代の教会が博物館となっていることは、よく知られていますよね。また、個人所有の蒐集物を展示した個性的な美術館も数多く存在するのもイスタンブールならでは。今回は、そんな個性的な美術館の中から、アール・ヌーヴォーの美しい建物も見どころな、『ペラ美術館(Pera Muzesi)』を紹介します。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イスタンブール、陶器」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。