「イスティクラル通」に関連する現地ガイド記事

「イスティクラル通」に関連する現地ガイド記事

イスティクラル通に関する現地ガイド記事を集めました。イスティクラル通の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

カラキョイにある歴史的建物の中の銀行博物館とギャラリー

[2013/06/07] 洋子・オーレテン

旧オスマンル銀行の建物への行き方:トラム(路面電車)・カラキョイ駅下車。駅より丘の方向を向いて交差点を渡り、小さな坂を上がったところが、バンカラル通りの出発点。そのバンカラル通りを暫く歩くと左側に見えてくる下部がグレーの石造りの建物が旧オスマンル銀行。◆オスマンル銀行博物館 URL http://www.obmuze.com/ (トルコ語・英語)◆SALT GalataURL http://saltonline.org/en/home(トルコ語・英語)両館共に、Bankalar Caddesi… 続きを読む



自家製レモネードをお試しあれ!イスタンブール新市街の人気店「ザ・ハウス・カフェ」

[2012/10/03] 遠塚谷 流・ 仁美

数多くのブランドショップが軒を連ね、毎日大勢の人で賑わっているイスタンブール新市街のイスティクラル通り。「ザ・ハウス・カフェ」はそのイスティクラル通りの中でもオシャレなカフェとして、地元の人や観光客に大人気です。2002年に1号店を出店してから、またたく間に話題となり、今ではトルコ全域に13店舗を出店するようになりました。あたたかみのあるウッディなテーブルや、スタイリッシュなデザインの照明が、居心地よい空間を演出しています。 続きを読む



昔ながらの居心地のいい伝統料理のレストラン・ラデス

[2011/03/16] 洋子・オーレテン

今回は、そんな懐かしい響きのロカンタの中でも、特に味よし・サービスよしの、地元の人たちにも絶大なる人気を誇るお店を紹介します。場所は、新市街・イスティクラル通りから横道へちょっと入っただけという、便利なところ。『ラデス(LADES)』というレストランがそれ。お店の前のガラスケースの中に、大瓶に入ったトゥルシュ(トルコ版ピクルス)がズラリと陳列されているので、すぐにわかります。お昼時には、近くで働くビジネスマンやOL、近所に住む方たちなど、古くからの顧客も含めて、大賑わいです。それもそのはず、伝統… 続きを読む



企画展が面白い、アール・ヌーヴォー様式の建物が目を引く『ペラ美術館』

[2011/01/31] 洋子・オーレテン

新市街・タクシム広場から延びるイスティクラル通りの1本裏手。メシュルティエット通りは、オスマン帝国時代後期に建てられた、アール・ヌーヴォー様式の建物が軒を連ねる通りです。その一角にあるのが、『ペラ美術館』。1893年に建てられた石作りの立派な建物は、元はホテルとして利用されていましたが、2005年に、スナ&イナン・クラチ財団が自身のコレクションを展示する場として、美術館としてオープンしました。この建物、細かな装飾やレリーフの施された外観も素晴らしいですので、じっくり見て欲しいです。 続きを読む



トルコらしいムール貝料理

[2010/03/28] 洋子・オーレテン

イスタンブールを始め、海辺の街では、このようなムール貝料理が手軽に食べられます。私は、海の見えるレストランやカフェなどで、ビールと一緒に食べるのが、お気に入り。これから陽射しもどんどん暖かくなってくると、トルコの人たちは、お外の席に座って食事やお茶を楽しみます。潮風に吹かれながら、ムール貝料理で乾杯。なかなかいい感じです。ムール貝のドルマやフライは、シーフード・レストランなら大概どこでも食べられます。また、手軽に食べられるファーストフード店っぽいお店は、新市街・イスティクラル通りの中ほど、チチェ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イスティクラル通」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。