「イズニック・タイル」に関連する現地ガイド記事

「イズニック・タイル」に関連する現地ガイド記事

イズニック・タイルに関する現地ガイド記事を集めました。イズニック・タイルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オスマン帝国時代のトルコタイルが見事な『リュステム・パシャ・モスク』

[2012/10/26] 洋子・オーレテン

イスタンブールに数あるモスクの中でも、特に内装にこだわったものが、このリュステム・パシャ・モスク。大宰相・リュステム・パシャのタイルへのこだわりが痛いほどに感じられます。当時の素晴らしいトルコタイル(イズニック・タイル)を、これほどまで一挙に見ることの出来る機会はあまりないでしょう。エジプシャン・バザールから歩いて5分ほどと便利な場所ですので、是非とも出掛けてみて下さい。 続きを読む



トルコ最高建築の世界遺産・『セリミエ・モスク』

[2012/06/10] 洋子・オーレテン

イスタンブールから北西に230。ブルガリアやギリシャ国境にほど近いエディルネの町には、トルコが世界に誇るイスラム建築があります。『セリミエ・モスク(Selimiye Camii)』。トルコ最高建築とも言われるセリミエ・モスクは、オスマン帝国時代、時のスルタン(皇帝)・セリム2世の命を受け、1568年から1574年にかけて建てられた、トルコの最高建築家との誉高いミマール・スィナンの作品です。このセリミエ・モスクは、複合施設(モスクと中心とし、病院や学校、救貧所などを備えた施設)となっており、「セリ… 続きを読む



歴史とタイルの町“イズニック”を散策しよう。優美なタイルが圧巻!

[2008/06/25] 洋子・オーレテン

古くからニカエアとして知られるイズニックは、町をぐるりと城壁で囲まれた落ち着きのある町。町の中心部には、ビザンティン時代に建てられた“アヤ・ソフィア”という聖堂があります。オスマン朝時代にはモスクとして使われていたこの建物は、現在は修復されており、モザイクやフレスコ画が残されています。また、数々の個性的なモスクもあり、中でも“イェシル・ジャーミィ(緑のモスク)”は青や緑色の幾何学模様のタイルで覆われたミナレット(尖塔)の美しさが際立っています。建物の周りに広がるお庭も綺麗に整備されていて、地元の… 続きを読む



イスタンブールのシンボル的モスク「スルタン・アフメット・ジャーミィ」

[2008/03/26] 洋子・オーレテン

このモスクは、内部をおびただしい数の青い装飾タイル(イズニック・タイル)で飾られており、壁一面にはめ込まれたステンドグラスから差し込む光が、何ともいえぬ幻想的な世界を醸し出しています。内部装飾の青い色から、別名『ブルー・モスク』とも呼ばれています。また、壁一面に施された、ペインティングやカリグラフィーの数々は、イスラム芸術の繊細さや優美さを物語っています。必見なのは、歴代スルタンが礼拝の時に使用していたテラス席。ここの部分のタイル装飾は、目を見張るくらいに素晴らしいものです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イズニック・タイル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。