「イタリア、コーヒー、種類」に関連する現地ガイド記事

「イタリア、コーヒー、種類」に関連する現地ガイド記事

イタリア、コーヒー、種類に関する現地ガイド記事を集めました。イタリア、コーヒー、種類の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

可愛くて美味しいジェラテリア/イタリアンカフェ〜Gelateria La Romana〜

[2019/07/09] バレンタ愛

1947年にイタリア、リミニで誕生したジェラテリアはイタリア国内だけではなく、ドイツやスペイン、そしてオーストリアのウィーンにまでやってきました。それが今回のこのお店「Gelateria La Romana」です。ウィーンにやって来たのは2015年。ショッピングなどで人気のマリアヒルファー通りから少し入った所にあり、ちょっと穴場的な存在ですが、地元の人には絶大な人気を誇るジェラテリアの1つです。シュピッテルベルグやMQなどにも抜けられますし、マリアヒルファー通りで買い物ついでにちょっと立ち寄って… 続きを読む



部屋から眺めるライン川に釘付け!時の流れを忘れてしまいそうなボンのホテル

[2019/06/03] シュピッツナーゲル典子

ボンは、ドイツの誇る作曲家ベートーヴェンの生まれた街。また、精神を病んだシューマンが最後の2年間過ごしたことでも知られ、音楽の街としても注目を集めています。クラシック音楽に馴染みがない人も、日本の年末恒例演奏曲ベートーヴェンの第九「歓喜の歌」といえば、一度は耳にしたことがあるに違いありません。この街に来たからには、ベートーヴェンが22歳まで住んだ生家「ベートーヴェンハウス」、ドイツ連邦共和国歴史博物館、そしてシューマンの家と旧墓地を見逃せません。これらのスポットを散策するのにアクセス良好なホテル… 続きを読む



ロンドン満喫 2階建てバスのアフタヌーンティーツアー byカフェ「Bベーカリー」

[2018/11/07] 岩澤里美

真っ白い壁にショッキングピンクの文字「Bベーカリー(Brigit's Bakery)」が目を引くカフェは、店内も明るくて可愛らしくて、長居したくなる、こじんまりした心地いい場所です。基本のアフタヌーンティーは、上段が、タルトやカップケーキなどボリュームたっぷりのケーキ、中段がスコーン(イギリスの伝統的なクロッティドクリームとイチゴジャム付き)、下段がキッシュ・ロレーヌやサンドイッチなどの塩風味の軽食です。これに搾りたてのオレンジジュースと、豊富な種類から選べる紅茶かコーヒーがつきます。月〜金は3… 続きを読む



アムステルダムで本格派エスプレッソを味わえる『Brandmeester's』

[2017/11/10] テメル華代

アムステルダムは古くからカフェ文化が発達した街です。オランダのカフェはコーヒーや紅茶のほかに、アルコール類やスナック、食事などを気軽に楽しめる場所で、360年以上続く老舗店からデザイナーズカフェまでスタイルは多彩です。オランダとコーヒーの関わりは深く、17世紀にはオランダ東インド会社がヨーロッパのコーヒー貿易を手がけ、さらに植民地の東インド諸島(現インドネシア)では、ジャワ・コーヒーの栽培を成功させています。1712年以降、ジャワ・コーヒーがヨーロッパに輸入されると、オランダはヨーロッパのコーヒ… 続きを読む



リマの名店、カフェ・レストラン「ハイティ」

[2017/06/23] 原田慶子

リマ観光の中心地ミラフローレス区。そのメインストリートの1つ、ディアゴナル通りに佇むのが、カフェ・レストラン「HAITI(ハイティ)」だ。1952年、リマ旧市街の大統領宮殿のすぐそばにオープンしたハイティは、それまでこの国にはなかったヨーロピアンスタイルのオープンテラスに加え、ペルーで初めて本格的なイタリアン・エスプレッソを提供する店として話題になり、多くの著名人に愛された。現在の場所には1962年2月23日に移転したが、自慢のオープンテラスは受け継がれ、以来55年の長きにわたって多くの人々を受… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イタリア、コーヒー、種類」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。