「イタリア、ダ・ヴィンチ、美術館」に関連する現地ガイド記事

「イタリア、ダ・ヴィンチ、美術館」に関連する現地ガイド記事

イタリア、ダ・ヴィンチ、美術館に関する現地ガイド記事を集めました。イタリア、ダ・ヴィンチ、美術館の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

芸術大国イタリアの芸術の歴史を知るヴァチカン美術館

[2016/08/29] 木場しのぶ

イタリアに来たなら是非訪ねてほしい場所にバチカンのサン・ピエトロ大聖堂がありますが、欲を言えばもうひとつ、隣接する「バチカン美術館」も加えてほしいですね。イタリアはその景観・食・ファッション・車など魅力満載の国ですが、ペースにあるのは彼らのずば抜けたアート感覚。それを知る意味でも、この芸術大国の豊富な美術品の鑑賞はお薦めです。「でも、絵はわからない」なんてナンセンスですよ。“本物”を前にすると自然と吸い寄せられるんですから。ここには古くは3000年前に遡る芸術遺産が展示されていますが、それから現… 続きを読む



イタリアが誇るウフィツィ美術館で自撮りOK?

[2016/02/12] 木場しのぶ

イタリアでも有数の絵画コレクションを誇る美術館〜それはもちろんフィレンツェの「ウフィツィ美術館」でしょう。この美術館の名を聞いたことがなくとも、“メディチ家”という名は広く知れ渡っていますよね。中世期にイタリアと言わずヨーロッパを代表する銀行家となって巨万の富を手にし、芸術を愛して多くの芸術家のパトロンとなり、フィレンツェを芸術の都と成したファミリーです。そのメディチ家の私的コレクションがこの美術館の始まりで、時代を追うごとに収集した芸術作品の数は増え、今日の数千点に及ぶ所蔵品を抱えるまでになっ… 続きを読む



歴代の王様たちに愛された森、フォンテンブロー

[2010/08/11] 夏樹

パリのリヨン駅から郊外列車に乗って約40分で着いてしまうフォンテンブロー。ルイ6世からナポレオン3世までの34代の王様たちが狩猟をした伝統ある森は、今も、週末を過ごしに来るパリジャンたちに人気の場所。そして、16世紀に建設された城は、森とともにユネスコ世界遺産に認定されています。Fontainebleau-Avon駅で降り、駅前のバス停でA線に乗れば、わずか15分でお城に着きます。パリ市内のメトロの切符で乗車できます。 続きを読む



古代ローマ時代のフィレンツェの街並みって想像できますか?

[2010/03/02] 木場しのぶ

フィレンツェといえば、芸術の都〜文芸復興=ルネサンス。メディチ家が台頭した中世期に栄えた町・・・。当時の町並みが今も色濃く残るとはいえ、やはりこの町も時代とともに少しずつ変わってきました。また、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの巨匠が活躍したのは15世紀後半ですが、100年あまり遡った14世紀後半に当家が最初に歴史上に名を為し、それからさらに100年前の12世紀後半に『神曲』を著したダンテが現れました。ではそれよりもっとずっと昔のフィレンツェとは、ゴシックやルネサンス建築で覆われていないフィレンツェ… 続きを読む



フィレンツェが世界に誇るルネサンス芸術。『ウフッツィ美術館』で充実の秋を!

[2009/08/17] 木場しのぶ

さあ、芸術の秋は、世界最大のルネサンス美術を所蔵する『ウフィッツィ美術館』で、絵画鑑賞といきましょう! 美術館名の“Uffizi(ウフィッツィ)”【正式な発音はウッフィツィ】は“Uffizio”の複数形。“Uffizio”は、現在使用される“Ufficio(事務所、役所)”の古形です。つまりこの美術館はそのむかし、トスカーナ大公のコジモ1世が、美術館のお隣にある現在の市庁舎:ヴェッキオ宮に居を構えていた頃(1540〜1565)、町なかに散らばっていた13の官庁を、より監督が行き届くようにとここに… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イタリア、ダ・ヴィンチ、美術館」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。