「イタリア、バロック建築」に関連する現地ガイド記事

「イタリア、バロック建築」に関連する現地ガイド記事

イタリア、バロック建築に関する現地ガイド記事を集めました。イタリア、バロック建築の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界遺産登録のイタリアの王宮 〜ヴェナリーア王宮〜

[2018/03/24] 木場しのぶ

イタリアで歴史的建造物を堪能しようと思ったら「教会」がキーワードですよね。他の欧州諸国にあるような「城」という発想は少ないかもしれません。ですが皆さん、実はイタリアにもあるんです! 北イタリアの“トリノ”という都市の名は御記憶にも新しいのではないでしょうか? そう2006年の冬期オリンピックの開催地ですね。そのトリノを中心に存在する建造物が『サヴォイア王家の王宮群』として1997年に世界遺産に登録されているんです。この右手の写真はその中のひとつ、トリノの中心地から15kmに位置する「ヴェナリーア… 続きを読む



愛らしい白い街に上品なバロック建築がミックスした南伊の小都市

[2016/05/24] 木場しのぶ

4世紀のこと、ある若い兵士が半裸のホームレスに出くわします。不憫に思った兵士は自らのマントを二つに裂いてホームレスに与えました。その夜、兵士は夢を見ます。その半分のマントをまとったイエス・キリストが語りかけてきたのです。。。これは聖マルティーノの伝説。つまり兵士のマルティーノが回心し、その身を神にささげるきっかけとなったエピソードです。そして今日ご紹介するのが、この聖マルティーノを町の守護聖人とし、町の名もこの聖人に因んでつけられた南イタリアのマルティーナ・フランカ。聖人を祭る聖マルティーノ教会… 続きを読む



見所のギュッと詰まったイタリア最南東端。余すことなく味わえる列車の旅!

[2014/10/05] 木場しのぶ

昨今大人気の南イタリア。世界遺産のアルベロベッロのトゥルッリがメディアに注目され始めたのをきっかけにその人気は急上昇!イタリア最南東端のプーリア州は、イタリア半島をハイヒールのロングブーツに例えたならアキレス腱からヒール全体にあたり、その細長〜い州の南半分に町は位置しています。ところで南伊というとちょっと怖いイメージもありがち? いえいえ、むしろこのヒール部分は整然として平和でのんびりとした町が多く、アルベロベッロに引けをとらない古い独特の歴史や文化がとても興味深くて、温かい人々との出逢いにも癒… 続きを読む



レッチェで泊まるならココ! ロケーション抜群、家庭的な雰囲気がお薦め

[2014/06/20] 木場しのぶ

レッチェは、長靴のかかとの先のプーリア州にあって、その中でも先端に位置するレッチェ県の県庁所在地。今回はこの町の大変便利で快適なB&B(ベッド&ブレックファースト)のご紹介です。町はイタリア最東端にありながら「南のフィレンツェ」との愛称を持つほどに芸術性の高い小都市。それはルネサンスではなくその後の華麗なバロック建築で、このB&Bは町中に溢れる芸術作品を歩いて見て回るのに最適なロケーション。菱形に近い旧市街地は小路が入り組み、時折方向を見失うこともある迷路のような作りですが、B&Bはレッチェ駅か… 続きを読む



ローマの必見スポット、バロックの噴水とライトアップが優美なナヴォーナ広場

[2009/12/07] 堂剛

永遠の都ローマ。2000年以上の歴史をもつ古都は何日あっても飽きることがありません。そのローマにおいてもっとも美しい広場の一つに数えられるのが、このナヴォーナ広場です。中心街の少し西側、紀元前に競技場として造られたナヴォーナは縦に細長い広場で、3つの噴水が広場を4つに区切っています。4大大陸を表現した広場の中心には、高いオベリスクがそびえ、ローマが世界の中心であるかのような迫力を備えています。小道を通って広場に躍り出ると、その開放的で広い空間に驚きます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イタリア、バロック建築」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。