「イタリア、土産」に関連する現地ガイド記事

「イタリア、土産」に関連する現地ガイド記事

イタリア、土産に関する現地ガイド記事を集めました。イタリア、土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

子どもにもお馴染みのトブラローネチョコの故郷、ツエルマットへ

[2017/06/09] りんみゆき

子どもはもちろん、大人も大好きなスイスチョコレートのTobleroneのモデルになった山、マッターホルンをいろんなアングルから観察できるのがツエルマット。ハイキングやスキーだけでなく、観光するだけでも十分楽しめる自然に囲まれた美しい街です。標高3883メートルにあるヨーロッパで一番高い駅クライン・マッターホルンへはツエルマットからゴンドラでフーリとトロッケナーステッグで乗り換え、所要時間約45分で到着。一年中スキーができるので、ナショナルチームの練習場にもなっている他、キッズはスノーチューブで夏… 続きを読む



中世の街にゴージャスなクラシックカーが大集結!

[2017/03/20] 岩佐 史絵

地中海の真ん中に浮かぶ島国、マルタ共和国。中世の時代に活躍したマルタ騎士団の本拠地で、天才画家カラバッジョがイタリアで罪を犯したときに逃げ込んだのもこの島でした。古代の巨石遺跡もそこここに残され、海の真ん中にある小さな島なのに、歴史とナゾに満ち溢れた、とても興味深い場所です。地中海クルーズなどでは定番の寄港地ですが、もちろん飛行機で行くことも可能。今回はフィンエアーを利用して、ヘルシンキ経由で行ってみました。 今回の目的は、10回目を迎えるイムディーナ・グランプリ。毎年10月に開催されるクラシッ… 続きを読む



レーゲンスブルク、お勧めのお土産

[2017/02/26] 吉村 美佳

今回は、レーゲンスブルクのお土産のヒントとなるお店を5つ紹介します。まず、ドイツ最古の喫茶店*、カフェ・プリンツェスのチョコレート。食べてみるとびっくり!何層にもなっていて、手が混んでいるんです。特にクリスマス前2〜3週間は、長蛇の列。ということは、やはり一度は食べてみたいですね。店内は、1階がチョコレートなどの売り場、2階がカフェです。夏は、テラス席がいつも満員。チョコレートを1階で注文すると、2階の喫茶店でコーヒーと一緒に運んでもらえます。カフェは、1686年営業開始。お店の向かい側は、当時… 続きを読む



これは美味しい!食事もお酒も楽しめるケーキ店「Bottega di Pasticceria」

[2016/11/13] 堂剛

フィレンツェのちょっとだけ外れにあるパスティッチェリア「Bottega di Pasticceria」を紹介します。フィレンツェは素朴なケーキ店が多いですが、ここは北イタリア風の店作りで雰囲気とサービスがとても洗練されてます。ドルチェの質も良く、場所がら観光客が来ることは皆無、普段はちょっとリッチな地元マダムたちが集うため落ち着いているのも好印象です。実はこのケーキ屋さん、店内でカフェも楽しめ、お昼はランチ、夜はアペリティーボとお酒と料理も楽しむことができるのです。スイーツ好き、グルメな方は一度… 続きを読む



お父さんと息子の憩いの場所。「男たちの遊び場」がいま熱い! ソウルを出て板橋で遊ぼう

[2016/08/26] 金光英実

ソウル江南駅から新盆唐線で15分。盆唐エリアにある板橋駅に「エレクトロマート」が出来ました。「男たちの遊び場」がコンセプトのここには、家電やアウトドア用品、ファッションアイテム、ビールやワインなど、男性が好みそうな商品が陳列されています。他の店舗はイーマートの中に併設されていますが、ここは単独の店舗。1階と地下を合わせて1050坪もの広さを誇ります。アメコミに出てきそうな「エレクトロマン」というキャラが迎えてくれるので、わくわく度もアップします。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イタリア、土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。