「イタリア、革、土産」に関連する現地ガイド記事

「イタリア、革、土産」に関連する現地ガイド記事

イタリア、革、土産に関する現地ガイド記事を集めました。イタリア、革、土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

フィレンツェに行ったら革手袋をお土産にしよう!

[2016/04/19] 堂剛

イタリアの中でも職人の町と呼ばれるフィレンツェにはたくさんの工房があります。特に革製品が有名で、今でも昔ながらの製法でバッグや靴などが作られています。日本からも伝統技術を学びに来る人も多く、世界でトップクラスのクオリティを誇っています。ちなみにマリリンモンローが愛したフェラガモもフィレンツェに本店があるんですよ。手作りの革靴は高級でなかなか手が出ませんが、手袋なら値段も手頃で買いやすいです。使うほどに手に馴染む本革は思い出深いお土産になるでしょう。 続きを読む



フィレンツェのお土産に最適!食べだしたら止まらない絶品ビスコッティ

[2016/02/11] 堂剛

花の都フィレンツェはルネッサンス芸術と歴史が息づいて、当時の様子を肌で感じることができます。ウフィツィ美術館にはボッティチェリの「春」や「ヴィーナスの誕生」、アカデミア美術館ではミケランジェロの傑作「ダビデ像」が出迎えてくれます。芸術作品を満喫し、美味しいトスカーナ料理に舌鼓を打ったら、お土産探しにレッツゴー。自分へのお土産なら手袋やバッグなどの革製品がお勧めですが、会社の同僚やお友達へのお土産なら軽くて配りやすいお菓子が便利ですね。最近はフィレンツェの伝統的菓子「カントゥッチ」が日本でも人気な… 続きを読む



目の前で作ってくれます。イタリアの手作り革工房でお土産!

[2012/08/26] 堂剛

ローマから北に約100キロ、直通電車に1時間ほど乗ると崖の上に広がる町、オルヴィエートに到着します。駅前からケーブルカーに揺られて旧市街に到着するロケーションは子どもならずともワクワクします。標高300メートルを超える町はまるで空に浮かんでいるよう。城壁から外を見下ろすと、オリーブとブドウの畑の絶景が広がります。2万人ほどで手頃な大きさの町は、中世の街並みが残っていて散策するだけでも楽しくなります。その美しい町にひときわ可愛い小道があります。それが職人通りです。 続きを読む



イタリア王室御用達のバッグ、OTTINO

[2012/06/16] 堂剛

イタリア、特にフィレンツェにはたくさんのブランドが集まっています。町の中心のトルナブオーニ通りやカルツァイオリ通りを歩けば、グッチ、プラダ、ボッテガ・ベネタ、フェンディ、アルマーニ、D&G,ディーゼルなどなど、無数の有名店が軒を連ねています。ちなみにフェラガモ、グッチ、トッズはフィレンツェ発祥のブランドで本店もあるんですよ。そんな世界的ファッションの町の一角に、控えめにたたずむ老舗があります。それが今回紹介する「オッティーノ」です。 続きを読む



アマルフィ海岸ではこの町を散策しよう!優雅なリゾート都市・ポジターノ

[2010/05/25] 堂剛

春から夏、秋にかけて訪れたいのが南イタリアのリゾート地。どこまでも透き通る青い海と、地中海風の白い漆喰の建物が目にも鮮やかで、ゆったりとした時間を過ごせるでしょう。しかも南イタリアは魚介料理が美味しい。ムール貝の盛り合わせ、魚のカルパッチョ、ウニのパスタなどグルメの日本人には天国のようです。その南イタリアで最近人気急上昇なのがアマルフィ海岸。穏やかな気候と美しい景色は想像以上で、訪れる人だれもがもう一度帰ってきたいといいます。そのアマルフィ海岸で一番人気の町が今回紹介するポジターノです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イタリア、革、土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。