「イタリア、馬、祭り」に関連する現地ガイド記事

「イタリア、馬、祭り」に関連する現地ガイド記事

イタリア、馬、祭りに関する現地ガイド記事を集めました。イタリア、馬、祭りの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

キリスト誕生シーンが町の至る所で見られるバンベルク

[2015/11/18] 沖島博美

12月が近づくと、ヨーロッパの町はクリスマスの雰囲気に変わってくる。サンタクロースやクリスマスツリー、天使や星の形をしたルームアクセサリー、常緑樹を輪にしたアドヴェンツクランツ、そこに飾るロウソクなど、クリスマスのシンボルは今や世界共通のものとなった。ツリー飾りの多くがドイツで生まれ、世界に広がっていった。そもそもクリスマスツリーそのものがドイツで生まれたものだった。そんな中、唯一、と言ってよいほど、これだけはドイツが発祥の地ではないものがある。ヴァイナハツクリッペと呼ばれる、キリストが誕生した… 続きを読む



クリスマスケーキというあだ名のPalazzo Venezia(パラッツォ・ベネチア/ベネチア宮殿)

[2008/09/04] 山盛菜々子

一見して、真っ白な生クリームで覆われているような建物が印象的なことから、多くの旅行者からクリスマスケーキと呼ばれるベネチア宮殿。この歴史的建物を見ないで、ローマに行ったとは言えないだろう。イタリアが共和国として統一される前は、ベネチア共和国の大使館だったこと、またベネチアの最高顧問が住居として使ったことから、ベネチア宮殿と正式な名前がつけられた。宮殿のある広場とポポロ広場をつなぐコルソ通りを見渡す階段は、コルソ通りで行なわれる馬のレースを見るためだそうだ。 続きを読む



オルヴィエートにそびえるモーロの塔に登って「天空の町」を空から一望しよう!

[2008/07/08] 堂剛

イタリアの古い都市には700年以上の時を経た今も中世の古い町並みが残っているところが多いです。オルヴィエートもそんな都市の一つで、町としては古代ローマの前、エトルリア時代(紀元前700年頃)からあったと言われ、日本人には想像を絶する長い歴史を持っています。旧市街に広がる中世の古い町並みは美しく、トゥーフォ(凝灰岩)の壁とテラコッタ(素焼き)の屋根瓦が統一感ある景観を守っています。オルヴィエートに来たらその美しい町並みをじっくり見ないのはもったいない…町を360度一望できる「モーロの塔」に登ってみ… 続きを読む



シエナの情熱、地区対抗競馬「パリオ」の全貌!

[2007/08/22] 堂剛

パリオはシエナで1147年から800年以上続いている伝統行事、「競馬レースのお祭り」です。でも普通のお祭りやレースを想像したら大間違い。パリオは毎年7月2日と8月16日、たった年2回行われるレースで、セネーゼ(シエナの人)にとってはこの日のために生きているといっても過言でないほど、大切で情熱的な試合です。イタリアの中でもシエナでは、カルチョ(サッカー)より断然パリオなんです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イタリア、馬、祭り」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。